菊池契月の買取

菊池契月の買取実績

0120-777-064電話をかける
お問合せ


0120-777-064電話をかける
お問合せ

菊池契月について

伝統的な日本画の画法をベースに現代性を感じさせる大家

菊池契月(きくちけいげつ)は、大正・昭和期に活躍した日本画家です。

長野県に生まれ、幼少より絵を好み、南画家の児玉果亭(こだまかてい)の弟子になります。しかし家族の反対があって画家になることが難しく、呉服屋や製紙工場、町役場などの職を転々とします。画家への夢は断ちがたく、1896年(明治29)に家を出て京都に向かいました。

京都では南画家の内海吉堂に師事し、やがて市の紹介で四条派の菊池芳文(ほうぶん)の門下に入ります。
菊池芳文は、当時、竹内栖鳳や都路華香、谷口香嶠とともに「幸野楳嶺(こうのばいれい)門下の四天王」と評された京都画壇の重鎮でした。花鳥画を得意としていた画家で、菊池契月はここで四条派の画法をじっくりと学びます。

やがて新古美術品展に出品して受賞、第一回文展では「春暖」が受賞するなど、展覧会に出品した作品は次々と受賞しました。のちに渡欧し、帰国後は帝国美術院会員になり、1934年(昭和9年)に帝室技芸員に任命されました。京都市立絵画専門学校で後進の指導にあたり、同行の校長もつとめました。

菊池契月の画風は、大和絵の古典的な画法がもとになっています。代表作に挙げられる「供燈(ぐとう)」や鉄漿蜻蛉(おはぐろとんぼ)」、「立女(りつじょ)」などは、どれも静謐な画面にやわらかな表情があり、見ている人の気持ちがなごみます。
今見てもモダンな画面構成の絵には根強いファンがいて、評価の非常に高い作家です。

フリーダイヤル LINE査定 無料査定・お問合せ
フリーダイヤル LINE査定 無料相談