米久和彦の九谷焼買取

米久和彦の買取

米久和彦買取なら東京大田区の福助にご依頼ください。鑑定歴20年以上の確かな実績で相場を熟知した鑑定士が、お客様の大切な米久和彦作品の価値を査定いたします。福助では米久和彦など幅広いジャンルの九谷焼の高価買取・査定が可能です。不要な米久和彦の処分・売却をお考えなら、お気軽にお問い合わせください。

創業67年の信頼と実績
0120-777-064電話をかける
 LINEお問合せメールお問合せ

米久和彦の九谷焼買取相場

品名 買取相場
米久和彦作 九谷焼赤繪風車文花瓶 110,000円
米久和彦作 白磁金襴手鳳龍文水指 50,000円
米久和彦作 赤繪七宝文獅子盃 5,000円
米久和彦作 赤絵金襴手松竹梅文寅図盃 3,000円

米久和彦の九谷焼買取価格

                  米久和彦の買取実績
商品名 買取価格

米久和彦 赤絵金襴手細描牡丹唐草鳳凰図陶額

米久和彦 赤絵金襴手細描牡丹唐草鳳凰図陶額

18,000円

米久和彦 白磁金襴手鳳龍文水指

米久和彦 白磁金襴手鳳龍文水指

10,000円

米久和彦 赤絵細描小紋帯留

米久和彦 赤絵細描小紋帯留

6,000円

米久和彦 赤絵金襴手鳳凰文帯留

米久和彦 赤絵金襴手鳳凰文帯留

6,000円

米久和彦 赤絵金襴手松竹梅文寅図盃

米久和彦作 赤絵金襴手松竹梅文寅図盃

3,000円

米久和彦 赤繪七宝文獅子盃

米久和彦 赤繪七宝文獅子盃

5,000円

米久和彦 赤繪風車文花瓶

米久和彦作 赤繪風車文花瓶

110,000円

*掲載価格は実際の買取価格を保証するものではありません。
品物の状態や市場相場により価格が変動いたしますので予めご了承ください。

こんなお悩みございませんか?

  • 米久和彦作花瓶の買取相場を知りたい
  • 米久和彦氏の作品だと思われる赤絵の壺を査定してほしい
  • 集めていた米久和彦の九谷焼作品を売却したい
  • 米久の銘が入った盃が本物かどうか鑑定してほしい

ご安心ください!
米久和彦作品買取の専門業者
「買取福助」が解決いたします!

思わぬ物がお宝に!思わぬ物がお宝に! あなたのガラクタ、だれかのお宝! あなたのガラクタ、だれかのお宝!

創業67年の信頼と実績
0120-777-064電話をかける
 LINEお問合せメールお問合せ

米久和彦の買取業者の選び方

査定は無料のお店を選びましょう

査定は無料のお店を選びましょう

鑑定はお金がかかるものと思いがちですが、都内のほとんどの買取店は無料鑑定を実施しています。米久和彦の作品を売却する時には、なるべく無料査定を実施している買取業者に依頼しましょう。
「買取に費用がかかるのかどうか」について心配する方も多いと思いますが、問い合わせ次に必要な費用や、「買取にはどのようなステップが必要なのか」という点を質問しておけば安心して任せられます。まずはメールや電話、LINEで申し込んでみませんか?

米久和彦作品の買取実績が豊富な業者に依頼しましょう。

買取実績が豊富な業者に依頼

米久和彦の作品を高額で売却するためには、九谷焼の優れた作品を多く鑑定してきた審美眼、実績が強い味方になります。買取店のホームページやSNSを検索して、買取実績を事前にリサーチしましょう。九谷焼や陶芸作品の買取を実績として多く掲載している買取業者ほど、米久和彦の作品の価値を的確に査定できる鑑定眼をもつ買取店といえます。
美術工芸品の中でも、特に陶芸作品、人間国宝の作品を多く鑑定している買取業者を見つけましょう。


創業67年の信頼と実績
0120-777-064電話をかける
 LINEお問合せメールお問合せ


米久和彦買取でよくある質問

米久和彦買取でお客さまからよくお問い合わせいただく質問と、
その回答を紹介しています。


米久和彦氏について

米久和彦 赤繪七宝文獅子盃

米久和彦(こめきゅうかずひこ)は、九谷焼の中でも特に緻密な「赤絵(あかえ)」を得意とする作家です。1968年に石川県能美市に生まれ、金沢美術工芸大学の美術学科(油絵)を卒業したという経歴の持ち主。大学卒業後に石川県立九谷焼技術研修所の専門コースに入り、1992年に卒業。その後はさらに技術を磨いて、1996年にみずからの窯「米久窯」を立ち上げて制作活動に入りました。国内外で高い評価をつける米久和彦の作風は、九谷焼(くたにやき)の中でもとくに技巧が必要とされる「赤絵(あかえ)」そもそも九谷焼は「呉須(ごす)」とよばれる藍青色で細かい線を描いて、赤・黄・緑・紫・紺 青の5色で絵付けする華やかで絵画的な美しさがあるのが特徴です。九谷特有の山水や花鳥などの絵柄はグラフィカルで絵付けも大胆。そのなかでも、米久和彦が得意とする「赤絵」は九谷焼の三大技法のひとつといわれ、特に線描が細かい技法です。極細の筆を使い「弁柄(べんがら)」という赤い顔料で、信じられないほどほそい線を磁器の肌に描きあげるという超絶技巧。一定のリズムで迷いもなく描かれる赤絵の線描は、芸術的で見る者の目を引き付けます。

フリーダイヤル LINE査定 無料査定・お問合せ
フリーダイヤル LINE査定