幸野楳嶺の買取

幸野楳嶺:現在の京都画壇の基礎を築いた日本画家

幸野楳嶺(こうのばいれい)は幕末から明治期に活躍した日本画・四条派の画家です。
京都に生まれ、円山派の中島来章の弟子になり、のちに四条派の塩川文麟(ぶんりん)の門下に入りました。

およそ20年という長い間にわたって画技の研鑽に励みましたが、明治維新後は経済的に恵まれた生活ではありませんでした。しかし苦しい生活の中でも神山鳳陽に漢籍を学び数々の文人と交流と持つなど、みずからを高める努力を惜しみませんでした。

そういった経験を踏まえ、京都府画学校の教師となってのちは教育者として後進の指導にすぐれた能力を発揮しました。幸野楳嶺の門下には、楳嶺四天王と呼ばれた竹内栖鳳、都路華香、谷口香嶠、菊池芳文のほか、川合玉堂や上村松園らがいます。1893年(明治26年)に帝室技芸員に任命され、いよいよ指導力を発揮しました。

幸野楳嶺の作風は知性と豊かな感情性の調和です。代表作の「百福図」や「帝釈試三獣図」にあるように、やや教育的な一面があるとはいえ、写実主義と精神主義のバランスをみごとにとって華麗でつややかな画面を作り上げています。とくに花鳥画では色合いや構図で華やかさを演出しています。

弟子にも自分自身にも徹底して美術の基礎教育をほどこした幸野楳嶺の作品は、高雅さが香り立つようで、現在でも人気の非常に高い日本画家のひとりです。

フリーダイヤル LINE査定 無料査定・お問合せ
フリーダイヤル LINE査定 無料相談