前田青邨の買取

前田青邨:歴史画に独自特の画法と風韻を持ち込んだ日本画家

前田青邨(まえだせいそん)は、大正・昭和期に活躍した日本画家です。

岐阜県に生まれ、幼少期より画才をあらわし16歳で上京。大和絵に造詣の深い梶田半古(かじたはんこ)の弟子になり、有職故実や絵巻物の模写に励みました。

また、國學院の聴講生としても古典文学を学ぶなど、幅広い教養を身につけました。明治40年に同門の先輩、小林古径とともに、安田靫彦(やすだゆきひこ)、今村紫紅(いまむらしこう)らによる紅児会へ参加。日本美術院の設立にもかかわりました。

日本絵画協会日本美術院連合共進会に武者絵の「金子家忠」を出品して初入選。第五回内国勧業博覧会に「防箭」を出品して褒状をうけ、第十四回日本美術院・日本絵画協会共進会に「夕顔」を出品して1等褒状をうけるなど受賞を続けていきました。

転機となったのは、小林古径と行った1年間のヨーロッパ留学でした。日本画と洋画のあいだで迷っていた前田青邨は、留学後に独自の画風を切り開きました。帰国して6年後に発表した「洞窟の頼朝」が絶賛を浴び、1944年(昭和19年)に帝室技芸員に任命。

前田青邨の特徴は、巧みな構図と的確で流麗な線描にあります。「洞窟の頼朝」では画の線を彩色で消してしまうという大胆な技法を用い、徹底した時代考証でディテールにリアルさを添えました。豪華な装飾美をともなう画面構成は現代においても強い吸引力を持ち、絵画の中でも非常に人気のある画家です。

フリーダイヤル LINE査定 無料査定・お問合せ
フリーダイヤル LINE査定 無料相談