三浦竹泉の買取

三浦竹泉:現在5代まで続く京焼の窯元の名称

三浦竹泉(みうら ちくせん)は、京焼(清水焼)の窯元が代々受け継いできた名称です。

初代の竹泉(1853-1915年)は、畳屋の次男として京都に生まれ、第3代高橋道八に師事し、独立しました。
初代は染付、吹墨、色絵、金襴手を手がけるなど才能にあふれており、また先進的な人物でした。

当時珍しかった、ヨーロッパの色彩を参考にした陶磁器をあらわしたことでも知られています。
趣味は書画で、文人とも交流がありました。作品は国内だけでなく米国シカゴや、フランスはパリといった外国でも高い評価を受けたといわれています。

第2代竹泉(1882-1920年)は、襲名してから5年後に亡くなっており、名跡は初代の末息子、2代目の弟に受け継がれます。

第3代竹泉(1900-1990年)は、1931年に竹泉を譲っているものの、その後も作陶を続けており、作品をあらわす際には「竹軒」という号を用いました。

家督を譲ったのが早い理由として、そもそもの襲名が、兄の早世ゆえだったことが考えられています。
継ぐべき兄の子どもが幼かったため、成長するまでの間を第3代として活動し、家督を守っていたというものです。

第4代竹泉は、早世した2代目の長男です。おじである第3代から家督を譲り受け、煎抹茶器が作品としてよく知られています。

当代は5代目で、1934年生まれ、第4代の長男にあたります。同志社大学文学部・美学芸術学を修めた後、父の元で修行、1972年に第5代竹泉を襲名しました。作陶だけでなく、京焼きの歴史研究家としても有名です。

フリーダイヤル LINE査定 無料査定・お問合せ
フリーダイヤル LINE査定 無料相談