宮嶋信行の銀瓶買取

宮嶋信行の銀瓶の買取相場

品名 買取相場
宮嶋信行 純銀鉄被雲連 翡翠古銭紋彫摘湯沸 銀瓶 共箱 840,000円
宮嶋信行 翡翠摘蓋雲鶴地紋丸形湯沸 銀瓶 共箱 386,000円
宮嶋信行 梅花摘蓋 銀瓶 65,000円
宮嶋信行 菊摘純銀銀瓶 48,000円

宮嶋信行の銀瓶買取価格

*掲載価格は実際の買取価格を保証するものではありません。
品物の状態や市場相場により価格が変動いたしますので予めご了承ください。

こんなお悩みございませんか?

  • 遺品の古い宮嶋信行作品を処分したい
  • 所有している宮嶋信行の銀瓶が幾らくらいで売れるかどうか査定してほしい
  • 亡父が集めていた宮嶋信行の買取相場が知りたい
  • コレクションしていた宮嶋信行の銀瓶を、まとめて売りたい

ご安心ください!
宮嶋信行買取の専門業者
「買取福助」が解決いたします!

思わぬ物がお宝に!思わぬ物がお宝に! あなたのガラクタ、だれかのお宝! あなたのガラクタ、だれかのお宝!

創業67年の信頼と実績
0120-777-064電話をかける
 LINEお問合せメールお問合せ
創業67年の信頼と実績
0120-777-064電話をかける
 LINEお問合せメールお問合せ

宮嶋信行について

宮嶋信行(みやじましんこう)は、富山県高岡市の金工師です。
若く亡くなったために作品数が少なく、現存している作品もあまりありません。
しかし、高岡では鍛金の名人として名を馳せ、代表作の唐銅鎚起龍文水指(からかねついきりゅうもんみずさし)、黄銅鎚起手炉(おうどうついきしゅろ)は希少な文化遺産として高岡市美術館に収められています。
宮嶋信行が得意とした鍛金の技法は、金属の板を槌で何度も叩いて形を作っていくというもので、その様子が金属を鍛えているようなので「鍛金」と表します。作品名の「鎚起」も鍛金と同様の意味があり、「槌金」、「打ち出し」などと表記することもあります。

高岡市は、江戸時代から優れた鍛金の金工作品を作り出すことで知られていました。高岡市で作られた仏壇の金具やキセル、簪といった生活用品は高級で質が良いと評判で、社寺金具の仕事にも、見事な作品がいくつも残されています。
宮嶋信行も、高岡が誇る優れた金工師の一人だったのでしょう。
なお、宮嶋信行と同世代に活躍した鍛金家には、石川県加賀市出身の山田宗美がいます。

宮嶋信行の略歴

略歴
明治3年 生まれる
明治?年 福井明珍系の高橋為太郎に師事、愛弟子となる
明治?年 高岡市で鍛金の名人として知られるようになる
大正4年 45歳で亡くなる