守住貫魚の買取

守住貫魚:大名家の蜂須賀家につかえた、大和絵の第一人者

日本画家・守住貫魚(もりずみ つらな)は、幕末から明治にかけて活躍しました。
徳島・阿波藩の鉄砲方の子として生まれ、藩の絵師だった渡辺広輝(住吉派)に絵を学びました。

のちに師の縁から江戸へ出て、幕府の御用絵師だった住吉広定の弟子となり、阿波藩・蜂須賀家の絵師として絵筆を振るいました。

王朝文化をテーマにした絵を数多く描き、徳島城の西の丸障壁画や京都御所の紫宸殿・賢聖障子などの制作につとめました。

維新後は大阪に住んで画業にはげみ、第二回内国勧業博覧会に出品した「宇治川の先陣図」で金牌を得て、1890年(明治23年)に始まった帝室技芸員制度によって技芸員にすぐ任命されるという、まさに大和絵の第一人者の人生をまっとうしたのでした。

幕府の御用絵師に学んで大名の蜂須賀家につかえたという経歴どおり、守住貫魚の画風は上品かつやわらかな色彩が特徴です。平家物語などを題材とした歴史画を得意とし、ほかにも山水画や花鳥風月を好んで取り上げました。

幼少期より折り目正しい師につき、大和絵の技法を知り尽くしているだけに技巧的な面もありますが、色彩と描写のバランスが良く、身近な風俗を描いても上品さが際立ちます。

作品は細やかな描写の中に風格がただよい、部屋の中にあるだけで神韻とした雰囲気になります。現在でも作品を手に入れたいファンが多い作家です。

フリーダイヤル LINE査定 無料査定・お問合せ
フリーダイヤル LINE査定 無料相談