中沢弘光の買取

中沢弘光:日本的なテーマを抒情性豊かに描いた洋画家

中沢弘光(なかざわひろみつ)は、大正・昭和期に活躍した西洋画家です。

東京に生まれ、若くして洋画家の曽山幸彦(そやまゆきひこ)や堀江正章(ほりえまさあき)に師事し、東京美術学校(東京芸大の前身)の西洋画科に入学します。

卒業後はパリ万国博に「猿廻し」を出品。黒田清輝のもとで外光派の技術を学び、白馬会の結成にも参加しました。以後、白馬会に作品を出品し、第九回展に「裸体、霧」を、第十周年記念展には「冬の山麓」を出品して、画壇の注目を集めます。

文展にも第一回以来たびたび出品をし、のちに審査員となりました。帝国美術院会員や帝国芸術院会員などを歴任。1944年(昭和19年)に帝室技芸員に任命されました。戦後は日展に出品して日展顧問をつとめ、光風会、白日会、日本水彩画会などにかかわり、画壇の長老として存在感を増しました。のちに文化功労者にも選ばれています。

中沢弘光の作風は、抒情性をたたえたロマン主義です。代表作の「おもいで」や「まひる」に見られるように、淡い色彩を使いこなし、画面に豊かな詩情をもたらしました。風景画にも人物画にもすぐれており、日本的なテーマを洋画の画法で描き上げました。現在でも高い評価を得ている、人気の画家です。

フリーダイヤル LINE査定 無料査定・お問合せ
フリーダイヤル LINE査定 無料相談