濤川惣助の買取

濤川惣助:無線七宝で絵画性をもたらした明治の七宝作家

濤川惣助(なみかわそうすけ)は、幕末から明治に活躍した七宝作家です。
下総の農家に生まれ、18歳で江戸に移り酒商を営みました。のちに家業を弟に譲って1877年(明治10年)にアーレンス商会の七宝工場を入手し、海外への七宝作品の輸出をしました。これが七宝と濤川惣助の出会いです。

濤川惣助の名を高めたのは無線七宝です。従来の七宝は有線七宝といい、釉薬を挿すときに金線や銅線を図柄の輪郭線としていました。これが作品のアクセントとなっていたのですが、無線七宝では釉薬を焼き付ける前に線を外します。

これで釉薬どうしがわずかですが混ざり合い、色にぼかしやグラデーションができます。
やわらかい表現ができる無線七宝は海外で高く評価され、パリ大博覧会で絶賛を受けました。濤川惣助は内国勧業博覧会などでも受賞するなど業績を重ね、1896年(明治29年)に帝室技芸員に任命されました。

濤川惣助の七宝の特徴は、写実性と立体感です。
無線七宝を使うことで、色だけでなく形も自由に作ることができ美術性が一気に進化したのです。
のちに、ひとつの作品の中に無線七宝と有線七宝の両方を取り入れて遠近感を表現することも出来ました。

淡い色彩や繊細な表現力でコレクターの多い名工ですが、作品の多くは海外への輸出用および要人への贈答品として用いられたので国内に残っているものはとても少ないのです。そのため作品に希少価値のある作家です。

フリーダイヤル LINE査定 無料査定・お問合せ
フリーダイヤル LINE査定 無料相談