尾形光琳の買取

尾形光琳の買取実績

0120-777-064電話をかける
お問合せ


0120-777-064電話をかける
お問合せ

尾形光琳について

パトロンを抱えて装飾的な絵画を多数あらわした画家

尾形光琳(おがた こうりん 1658-1716年)は、京都の呉服商の次男として生まれました。父も教養人であり、能や書の手ほどきを受けたとされています。
父の後を兄が継いだ頃、呉服商の経営は破綻状態にありましたが、次男である光琳は遊び歩くことをやめず、放蕩生活を送っていたといわれています。

芸術家として本格的に取り組み始めたのは40代で、公家や大名、裕福な町民といったパトロンを多く抱えて作品制作をおこないました。
どの作品も、これぞ琳派というべき優雅で貴族的な雰囲気をまとっていることが特徴です。

薄色の絵の具が乾かないうちに濃色を置いてにじみを作る「たらしこみ」を開発した俵屋宗達に私淑し、装飾的な作品を多く描きました。

国宝には「燕子花図(かきつばたず)」、重要文化財には「太公望図」、「風神雷神図屏風・夏秋草図屏風」などがあります。なお、「風神雷神図屏風」は俵屋宗達の「風神雷神図」を模倣したものです。

宗達との間に直接の師弟関係はありませんが、絵画は独学といわれている光琳が、宗達の作品からさまざまな要素を学んだことがよく分かります。団扇、小袖、蒔絵のほか、晩年に水墨画を描いたことも分かっており、こちらは雪村の影響を強く受けているのではないかといわれています。

光琳の作品は、明確な制作年が不明な作品が多く、正確な活動年数は判明していません。40代半ばから60歳前までの、およそ15年が本格的な活動期間だったのではないかと推測されています。

フリーダイヤル LINE査定 無料査定・お問合せ
フリーダイヤル LINE査定 無料相談