岡田三郎助の買取

岡田三郎助:厳格な画面構成と柔らかい表現力で人気の洋画家

岡田三郎助(おかださぶろうすけ)は、大正・昭和期に活躍した洋画家です。

佐賀県で旧佐賀藩士の家に生まれ、幼少期に同じ佐賀出身の洋画家・百武兼行(ひゃくたけかねゆき 洋画家・外交官)の油絵を見て画家を志しました。

のちに同郷の画家・久米桂一郎に洋画家の黒田清輝に紹介され、画塾・天真道場に入って、黒田と久米がフランスからもたらした外光主義を学びます。伝統的な画法を学んできた岡田三郎助は、外光主義から大きな影響を受けます。

黒田らとともに白馬会設立にかかわった後、文部留学生としてフランスへ留学。パリで、黒田の師であるラファエル・コランの画塾に入りました。帰国後は東京美術学校(東京芸大の前身)で教授としてつとめ、後進の育成に熱心でした。1934年(昭和9年)に帝室技芸員に任命され、文化勲章を受賞。

岡田三郎助の作品には、外光派の特徴を持つ風景画と抒情的な人物像のふたつがあります。代表作のひとつである「婦人像」(ブリヂストン美術館が所蔵)は、鼓をもった日本髪の女性を描いたもので、厳格な画面構成の中に女性のやわらかい存在感を表しています。

光の使い方に熟知した画法で、おだやかさの中にもモチーフの強さを描く作品には多くのファンがおり、今でも非常に評価の高い洋画家です。福助では、岡田三郎助の絵画を買取強化しております。

フリーダイヤル LINE査定 無料査定・お問合せ
フリーダイヤル LINE査定 無料相談