岡倉天心の掛軸買取

岡倉天心:日本の美術概念の基礎を築いた思想家

岡倉天心(おかくら てんしん 1863-1913年)は、東京美術学校(現東京芸術大学)の創設に大きく寄与した思想家、文人です。

幼い頃に母を亡くした天心は、寺に預けられそこで漢籍を、また横浜居留地の宣教師が開いた英語塾で英語を学び大きくなりました。

英語が堪能なことから10代でアーネスト・フェノロサの助手となり、彼の美術品収集に協力したことをきっかけに、美術に関心が向くようになります。

フェノロサは米国の東洋美術史を研究する哲学者であり、いわゆるお抱え外国人として来日しました。
美術家の養成、美術評論などをおこない、明治それ以降の日本美術概念の形成に大きく関与しました。

特に東京美術学校で3年間受け持った講義「日本美術史」は、現代に通じる美術評論の礎的存在とされています。
また、横山大観、下村観山、菱田春草といった当時気鋭の作家を導き、育てたことも特筆に値します。

英語で「The Book of Tea(茶の本)」という著書をあらわし、海外へ日本の文化や美術を紹介するなど、国際的な啓蒙活動もあわせておこなっていました。

天心のこうした活動は、急速に西洋文化が流入し、価値観がすさまじい勢いで変化していた日本の美を守り、再発見するという意味でたいへん意義深いものといえます。

後年は、茨城県五浦にアトリエをかまえ、そこで作家を育て、美術界に助言を与えていました。

思想家として歴史に名を刻む天心ですが、妻へ宛てた書簡、詠んだ歌を記した掛け軸などが作品として残されています。

フリーダイヤル LINE査定 無料査定・お問合せ
フリーダイヤル LINE査定 無料相談