西郷南洲の買取

西郷南洲の買取実績

0120-777-064電話をかける
お問合せ


0120-777-064電話をかける
お問合せ

西郷南洲について

大久保・木戸と並び維新の三傑と称された薩摩の英雄

西郷南洲(さいごう なんしゅう 1828-1877年)は薩摩藩士である西郷隆盛の号です。

南洲(隆盛)は、下級藩士の家に長男として生まれました。友人たちの喧嘩を仲裁したために刀で右腕の神経を切られ、早々に武術の道を諦めなければならなかった南洲は、学問を極めるために精進しました。

その甲斐あって、下級藩士の出でありながら当時の薩摩藩主である島津斉彬に見出されます。
南洲は忠実に仕えましたが、忠実ゆえに斉彬の死によって失脚させられ、奄美大島、沖永良部島へ流されてしまいます。

しかし、家老である小松清廉(こまつ きよかど、後の帯刀)や大久保利通らに助けられ、復帰を果たすことができました。
ちなみに、大久保利通と南洲、木戸孝允は明治維新の際に「維新の三傑」と称されることになります。

流罪から戻ってからは倒幕派の指導者として薩長同盟を結び、王政復古と戊辰戦争を指揮しました。江戸総攻撃の声が高まるなかで勝海舟らと共に幕府と交渉し、無血開城をやり遂げた功績も大きなものです。

維新後の新政府では、藩制度を廃止して府と県による統治をおこなう、いわゆる廃藩置県について大きな役割を果たしています。大久保らと意見を違えて鹿児島へ帰郷しますが、その才と人望ゆえか、不平士族らに担ぎ上げられ西南戦争の矢面に立たざるを得ない立場になります。国内最後の内乱となった西南戦争は、南洲率いる士族側が敗北、南洲は自刃しました。

南洲の書を掛軸にしたものは、その生き方や幕末の活躍から人気があります。

フリーダイヤル LINE査定 無料査定・お問合せ
フリーダイヤル LINE査定 無料相談