惺々堂紹美の銀瓶買取

惺々堂紹美の銀瓶の買取相場

品名 買取相場
惺々堂紹美 栄祐 鉄手鎚痕寶珠式純銀瓶 共箱 490,000円
惺々堂紹美 栄祐 純銀 鎚痕 鉄提梁 尾張形湯沸 銀瓶 共箱 420,000円
惺々堂紹美 栄祐 純銀瓢形 湯沸 銀瓶 共箱 385,000円
惺々堂紹美 栄祐 純銀鉄釣 鉄環摘 砲口 鎚目 銀瓶 共箱 360,000円
惺々堂紹美 栄祐 純銀 砡貼付銀象嵌鉄提手陶器形砲口湯沸 銀瓶 共箱 300,000円
惺々堂紹美 栄祐 白砡環鉄手砲口銀瓶 共箱 315,000円
惺々堂紹美 栄祐 純銀 環摘蓋 鎚痕 提梁 丸形 湯沸 銀瓶 共箱 280,000円
惺々堂紹美 栄祐 純銀 丸形古鑑式蓋 鎚痕 丸形湯沸銀瓶 共箱 200,000円

惺々堂紹美の銀瓶買取価格

*掲載価格は実際の買取価格を保証するものではありません。
品物の状態や市場相場により価格が変動いたしますので予めご了承ください。

こんなお悩みございませんか?

  • 遺品の古い惺々堂紹美作品を処分したい
  • 所有している惺々堂紹美の銀瓶が幾らくらいで売れるかどうか査定してほしい
  • 亡父が集めていた惺々堂紹美の買取相場が知りたい
  • コレクションしていた惺々堂紹美の銀瓶を、まとめて売りたい

ご安心ください!
惺々堂紹美買取の専門業者
「買取福助」が解決いたします!

思わぬ物がお宝に!思わぬ物がお宝に! あなたのガラクタ、だれかのお宝! あなたのガラクタ、だれかのお宝!

創業67年の信頼と実績
0120-777-064電話をかける
 LINEお問合せメールお問合せ
創業67年の信頼と実績
0120-777-064電話をかける
 LINEお問合せメールお問合せ

惺々堂紹美について

惺々堂 紹美栄祐(しょうびえいすけ/じょうみえいすけ)は、幕末に銅器製造を始めた明治の金工です。
銅の改良や開発を繰り返して成功した明治の先駆者の一人で、海外で先に評価され逆輸入のような形で国内での名声を確立しています。
二度の万国博覧会出品、銀牌、金賞獲得の後、宮内庁からの注文を受けるなどその地位を確固たるものにしました。
海外で高い評価を受けたことを糧にして、国内の金属象嵌製品の輸出振興にも尽力しています。

この評価の背景には、日本が元々豊かな金属工芸の技術をもっていたという歴史があります。特に江戸時代は太平の世ともいわれ、日本刀に鉄、金・銀を用いた刀装具をつけることが流行しました。彫金の技術もそれによって隆盛し、高められていったのです。
紹美栄祐は、日本がすぐれた彫金技法を有していることをいち早く見抜き、その本質を研究してきたのでしょう。日本独自の技術を昇華させた紹美栄祐の作品は、その文化を知らない海外の人々を驚かせたのです。

惺々堂紹美の略歴

天保10年

略歴
京都に生まれる
元治1年 銅器製造を始める
明治11年 万国博覧会で銀牌を得る
明治22年 万国博覧会で金賞を得る
明治28年 緑綬褒章を授与される
明治33年 62歳で亡くなる