副島種臣の買取

副島種臣:書家、政治家として名高い佐賀の七賢人

副島種臣(そえじま たねおみ 1828-1905年)は、武士で政治家であり、書家です。幕末から明治にかけて活躍した佐賀県出身の藩士「佐賀の七賢人」の一人として知られています。

ちなみに七賢人のほかの六人は、第10代肥前国佐賀藩主である鍋島直正(なべしま なおまさ)、初代文部卿の大木喬任(おおき たかとう)、北海道開拓の父と呼ばれる島義勇(しま よしたけ)、初代法務大臣の江藤新平(えとう しんぺい)、日本赤十字事業の創立者である佐野常民(さの つねたみ)、早稲田大学の創設者としても知られる大隈重信(おおくま しげのぶ)です。

国学者としても知られる佐賀藩士を父にもち生まれた種臣は、幼い頃から尊皇攘夷思想にふれて育ちました。
兄とともに漢学、国学を学んで育ち、成長すると長崎に設けられた藩営の洋学校である「致遠館」で英語を学んでいます。

明治維新後は副総理兼内務大臣、枢密院副議長、外務卿を歴任。外交官として諸外国との交渉にあたり、政治家としての手腕は国際的にも高く評価されています。ロシア帝国からは、神聖アンナ第一等勲章を授与されました。

書家としての創作性も高く、「空海以来の書聖」と称えられたことも。蒼海(そうかい)、一々学人(いちいちがくじん)などの号を用いています。
あらわした掛け軸の中には、ユニークな作品もあります。
佐賀県立美術館が所蔵している「帰雲飛雨」という作品は、漢字が渦巻きのような意匠で現代アートのような独特の味わいをもっています。

フリーダイヤル LINE査定 無料査定・お問合せ
フリーダイヤル LINE査定 無料相談