須田国太郎買取

須田国太郎の買取実績

こんなお悩みございませんか?

  • 遺品の古い須田国太郎を処分したい
  • 所有している須田国太郎が幾らくらいで売れるかどうか査定してほしい
  • 亡母が集めていた須田国太郎の買取相場が知りたい
  • コレクションしていた須田国太郎を、まとめて売りたい

ご安心ください!
須田国太郎買取の専門業者
「買取福助」が解決いたします!

「こんな質問や相談をしても大丈夫?」と悩む前に、まずはお電話ください。

0120-777-064電話をかける
お問合せ

須田国太郎作品を高く売る方法

須田国太郎の売却では、洋画の買取相場に詳しい業者に査定を依頼し、
買取額の高い業者を見つけるのが大切です。

高く売る方法

須田国太郎の価値がわかる目利きに鑑定を依頼しましょう。

福助
福助
須田国太郎は京都の洋画回をけん引してきた大家です。もともと美術史の研究者だったのですが、41歳で画家としてデビューした遅咲きの巨匠。戦前・戦後を通じて、日本の美術史に残る重要な作家です。

須田国太郎の作品は現在も市場価値が高く、油彩やデッサンが高額で買取されています。薔薇や鷲など人気のモチーフは特に高価買取の対象。

目利きの鑑定士が在籍する買取店に相談して、名品にふさわしい鑑定をしてもらいましょう。


作者のサインの入った箱など付属品と一緒に査定に出しましょう。

福助
福助
絵画作品の売却時は、絵画といっしょに鑑定書・保証書・作品が入っていた箱・オリジナル額縁なども査定に出しましょう。貴重な絵画には付属品が付いています。

買取業者は作品本体の査定とともに、付属品の有無も確認して査定額を算出。付属品一式がすべてそろっていると、査定額がアップすることもあります。

作品が入っていた箱などは捨てようと思うかもしれませんが、査定が終わるまで処分を待ちましょう。


評判の良い須田国太郎の買取店数社で見積もりをとって査定額を比較することをオススメ

福助
福助
須田国太郎のように美術館に収蔵されるような有名作家の売却では、複数の買取店に無料査定を依頼しましょう。査定の結果、出てきた見積もり額を見て驚くかもしれません。

業者による買取価格は一定ではなく、高い店も高くない店もあるからです。高価な作品の売却時に、複数の業者に査定を依頼するのは珍しいことではありません。

業者ごとの買取価格を調べて、そのときに一番高い金額を提示した業者に売却しましょう。


信頼できる須田国太郎の買取業者の選び方

須田国太郎の絵画作品を売却するときは、査定にお金がかからず
過去の買取件数が多い業者を選びましょう。

信頼できる買取業者の選び方

査定は無料のお店を選びましょう

福助
福助
買取業者に査定を依頼するときは、無料査定を実施している業者を選びましょう。ほとんどの買取業者が無料査定で対応していますし、東京なら24区内は交通費も不要・完全無料で出張買取を実施する店もあります。

エリアによっては交通費が必要な場合もありますので、事前に確認しましょう。なかには査定後に高額な出張費や鑑定料を請求するという、悪質な業者も存在します。査定依頼時にコストの確認をしましょう。


須田国太郎の買取実績が豊富な業者に依頼しましょう。

福助
福助
所有する須田国太郎を高く売りたい場合は、ホームページに須田作品の買取実績を多数のせている買取業者に連絡しましょう。須田国太郎の絵画は人気が高いため、偽物も多く流通しています。

多数の須田作品を鑑定・買取している業者は鑑定力が高く、真贋判定も信頼できますし、査定額も買取相場に準じた正確なものです。

売却の前にホームページを確認、あわせて買取業者の評判もネットで確認しておくと安心でしょう。



0120-777-064電話をかける
お問合せ

須田国太郎について

須田国太郎(すだ くにたろう 1891-1961年)は、東西の技法を融合させた、力強く重厚な作風を特徴とする洋画家です。1950年から10年間は、京都市立美術大学の教授をつとめました。

京都市に生まれた国太郎は、当時京都府第一中学校の図画教師をしていた横山常五郎に絵画の手ほどきを受けました。
また高校生になると独学で油彩画も学び始め、進学先である京都帝国大学では美学美術史を専攻し学んでいます。

大学の卒業論文には写実主義をテーマとして取り上げ、その後、大学院で「絵画の理論と技巧」について研究しました。研究の過程で、関西美術院にも足を運んでいたといわれています。

日本での勉強だけでは飽き足らず大学院を中退した国太郎は、その後スペインへ飛びます。スペインではマドリッドに住み、プラド美術館に通いつめる日々を送りました。ここで名だたる画家たちの作品や、ベネツィア派画家の作品を多く模写し、油彩画の技法を会得していきます。

また、写生旅行にも出かけ、帰国後にその風景をあらわしました。代表作の一つである油彩の絵画作品「ムセオーの一隅」は、写生旅行のスケッチをベースに描かれたものといわれています。絵画「比叡山」、「夏日農村」、「校倉」、「鵜」などの代表作があります。

また、マドリードから帰国後は画家としてだけではなく、高校と大学で後進の指導にもあたりました。「近代絵画とレアリスム」などをはじめとして、多くの著作をあらわしています。

フリーダイヤル LINE査定 無料査定・お問合せ
フリーダイヤル LINE査定 無料相談