田中鉄邦の銀瓶買取

田中鉄邦の銀瓶の買取相場

品名 買取相場
田中鉄邦 純金摘望月形草花彫銀瓶 共箱  520,000円
田中鉄邦 純銀富士形霰打銀瓶 共箱 408,000円
田中鉄邦 純銀 鴨下春明刻 草花彫湯沸 銀瓶 282,000円
田中鉄邦 純銀望月型霰湯沸 共箱 361,000円
田中鉄邦 阿古陀形銀瓶 共箱 294,000円
田中鉄邦 純銀霰文 湯沸 銀瓶  280,000円
田中鉄邦 南鐐霰打湯沸 銀瓶 170,000円
田中鉄邦 純銀菊摘霰打桜鳴 湯沸 銀瓶  100,000円

田中鉄邦の銀瓶買取価格

*掲載価格は実際の買取価格を保証するものではありません。
品物の状態や市場相場により価格が変動いたしますので予めご了承ください。

こんなお悩みございませんか?

  • 遺品の田中鉄邦作品を処分したい
  • 所有している田中鉄邦の銀瓶が幾らくらいで売れるかどうか査定してほしい
  • 亡母が集めていた田中鉄邦の銀瓶買取相場が知りたい
  • コレクションしていた田中鉄邦を、まとめて売りたい

ご安心ください!
田中鉄邦買取の専門業者
「買取福助」が解決いたします!

思わぬ物がお宝に!思わぬ物がお宝に! あなたのガラクタ、だれかのお宝! あなたのガラクタ、だれかのお宝!

創業67年の信頼と実績
0120-777-064電話をかける
 LINEお問合せメールお問合せ

田中鉄邦の銀瓶を高く売る方法|買取のポイントは?

田中鉄邦の銀瓶を高く売りたい時は、
共箱などをそろえて金属工芸品に詳しい専門家へ見積もり依頼をしましょう。

  • 田中鉄邦の銀瓶の価値がわかる目利きに鑑定を依頼しましょう。

    価値がわかる目利きに鑑定を依頼

    田中鉄邦は鍛金の技法に卓越した手腕を見せた金属工芸家です。

    金工には、鍛金、鋳金、彫金と3つの技法がありますが、田中鉄邦は特に鍛金、つまり金属を叩いて伸ばし、皿や瓶を形作る技法に長けていました。

    現代に通じるモダンな佇まいで人気があり、査定には専門家の知識とスキルが必要です。

    売却の相談は、銀瓶の扱いに慣れた金属工芸の買取店、専門の鑑定士に依頼しましょう。

  • 作者の落款の入った箱など付属品と一緒に査定に出しましょう。

    箱や鑑定書など付属品と一緒に査定

    田中鉄邦の作品は、すっきりとしたモダンな佇まいが魅力です。

    あまりのモダンさゆえに、銀瓶にあまり詳しくない方は無銘の銀瓶、銀盤と思い込んでしまうかもしれません。

    そんな時に心強いのが、共箱の存在です。共箱は作品の保証をするだけでなく、来歴をしたためることもあり、鑑定において重要な手がかりとなるアイテムです。

    鑑定をする時には、共箱、保証書など銀瓶の付属品はすべて持参するようにしましょう。

  • 評判の良い田中鉄邦の買取店数社で見積もりをとって査定額を比較しましょう

    相見積もりを取って査定額を比較

    田中鉄邦の銀瓶は、金属工芸や煎茶道具といった伝統工芸品の鑑定に慣れた店舗に依頼すべきです。

    骨董品の相場は変わりやすく、また需要と供給のバランスが買取店によって異なるケースもあるので相見積もりを取るのも良いでしょう。

    見積もりの申し込みはメールやLINE、電話などで気軽に受け付ける業者が増えています。いくつか査定額を比較して、納得できる売却を目指してくださいね。

田中鉄邦の銀瓶買取業者の選び方

田中鉄邦の銀瓶を少しでも高く売るためのコツをご紹介します。 迷っている方はぜひ参考にしてください。

  • 査定は無料のお店を選びましょう

    査定は無料のお店を選びましょう

    査定の申し込み時には、実際の査定の流れについて、また発生する費用について確認しておくと安心です。

    ほとんどの買取店は無料査定を実施していますが、中には後から不当請求を行う悪徳業者もいます。

    また、交通費や鑑定書発行料などが経費計上されるケースも。思い違いやトラブルを避けるため、事前に問い合わせしておくことをおすすめします。

  • 田中鉄邦の銀瓶の買取実績が豊富な業者に依頼しましょう。

    買取実績が豊富な業者に依頼

    銀瓶の買取実績は、多くの場合サイトやブログ、SNSでチェック可能です。

    田中鉄邦の作品の実績が見つけられない時は、煎茶道具や銀瓶の取り扱い、実績の多い買取店を探してみてください。

    銀瓶の買取実績が多いほど、鑑定経験が豊富で、顧客からの信頼を集めている業者とみなすことができます。

創業67年の信頼と実績
0120-777-064電話をかける
 LINEお問合せメールお問合せ

田中鉄邦について

田中鉄邦(たなかてっぽう)は明治37年に生まれた、京都の金工家です。

鍛金の匠として知られ、数々の賞を受賞、日本金工展審査員をつとめました。

代表作には、京都国立近代美術館に収蔵されている昭和47年製作の「鍛四分一銀水指」、昭和49年の第21回日本伝統工芸展に出品し朝日新聞社賞を受賞した「鍛四分一銀盤」、昭和51年に製作され、現在は高岡市美術館に収蔵されている「鍛四分一銀鉢」などがあります。

息子も父に師事して金属工芸家となり、純銀製の生活工芸品を多くあらわしました。平成27年に京都国立近代美術館へ田中鉄邦の「鍛四分一銀水指」を寄贈したのも、息子の利広です。

田中鉄邦は、平成6(7年という表記もあり)年に89歳で亡くなりました。

田中鉄邦の息子田中利広について

田中利広(たなかとしひろ)は、昭和7年に京都市で生まれました。父の田中鉄邦に師事して鍛金技術を学び、金属工芸家となります。

伝統工芸日本金工展で文化庁長官賞、ならびに日本工芸会賞を受賞し、デパートなどで数多く個展を開催した実績があります。

鍛金といえば茶道具や仏具の製作が主だった時代に、いち早く純銀製の生活工芸品の良さに着目。料理食器や酒器、文具などを製作しています。