寺崎広業の買取

寺崎広業の買取実績

0120-777-064電話をかける
お問合せ


0120-777-064電話をかける
お問合せ

寺崎広業について

高雅で清新な雰囲気の日本画を多数描いた日本画家

寺崎広業(てらさきこうぎょう)は、明治・大正期に活躍した日本画家です。

秋田藩の家老の家に生まれ、4歳から絵筆を握っていたという逸話の持ち主です。
狩野派の小室秀俊に画法を学び、四条派の平富穂庵にも師事しました。

のちに南画家の菅原白龍にも学ぶという、さまざまな流派の画法を積極的に取り入れたことでも知られています。日本青年絵画協会・日本絵画協会などで活躍をします。

のちに東京美術学校(東京芸大の前身)の助教授になりますが、東京美術学校の学校騒動によっていったんは教職を辞します。日本美術院設立にかかわったのち、東京美術学校の教授に復職。国画玉成会に参加して文展の開設に力を尽くし、たびたび出品して高い評価を得ました。

官展の画家として広く認められることで画壇の重鎮として存在力を増していき、1917年(大正6年)には帝室技芸員に任命されました。

寺崎広業の絵の特徴は、清新さです。明治期は歴史画を主に描いていましたが、やがて山水画や風景画に比重が移りました。

南画風の高雅な山水画に大和絵ふうの技法を取り入れるなどをこころみ、清新な画風で見る者の心をさわやかにするタイプの画家です。その美しさは時代が変わっても評価が変わらず、依然として愛好家が多い画家です。

フリーダイヤル LINE査定 無料査定・お問合せ
フリーダイヤル LINE査定 無料相談