富岡鉄斎の買取

富岡鉄斎の買取実績

*掲載価格は実際の買取価格を保証するものではありません。
品物の状態や市場相場により価格が変動いたしますので予めご了承ください。

こんなお悩みございませんか?

  • 持っている富岡鉄斎の掛軸がいくらで売れるか値段や買取相場を知りたい
  • 二重箱に入ったままの富岡鉄斎の古い掛け軸を鑑定してほしい
  • 床の間の富岡鉄斎の掛軸を売りたいが、どこに持ち込んでいいか分からない
  • 富岡鉄斎の掛軸だといわれるが、よく分からない掛軸を査定してほしい
  • 故人が大切にしていた富岡鉄斎の掛軸を処分したい

ご安心ください!
富岡鉄斎買取の専門業者
「買取福助」が解決いたします!

思わぬ物がお宝に!思わぬ物がお宝に! あなたのガラクタ、だれかのお宝! あなたのガラクタ、だれかのお宝!

創業67年の信頼と実績
0120-777-064電話をかける
 LINEお問合せメールお問合せ

査定の流れ

3STEPでカンタン!

1

鑑定をする鑑定士

査定

鑑定歴20年以上の経験豊富な鑑定士がお客様のお品物をしっかり査定します。

2

お見積もりをご提出する鑑定士

お見積り

『古い品物の価値を知りたい…』こんな場合も、お見積りは無料です。万が一、査定価格にご満足いただけない場合でも、キャンセル自由です。

3

買取成立・お支払い

買取成立・お支払い

査定価格に同意いただければ、買取申込書に必要事項を記入いただき、即現金にてお支払いいたします。


創業67年の信頼と実績
0120-777-064電話をかける
 LINEお問合せメールお問合せ

富岡鉄斎について

自由闊達な画風で、生涯に2万点を描いた最後の文人画家

富岡鉄斎(とみおかてっさい)は、明治・大正期に活躍した日本画家です。幕末のころに京都の法衣商の家に生まれ、幼少期から神学をこころざして六孫王神社に弟子入りしました。儒学を学びつつ、南北合派の絵師である大角南耕と窪田雪に師事。南北合派というのはさまざまな流派の画法を取り入れて理由な立場で描くことを流儀としていたため、富岡鉄斎は大和絵、琳派、浮世絵、大津絵などの画技を抵抗なく受け入れました。また歌人の大田垣蓮月の弟子にもなり、大きな影響を受けるなど広範なジャンルの勉学を続けました。
幕末期には勤王の志士として国事に奔走、維新後は大和石上神社和泉大鳥神宮等の宮司として活動した時期もありましたが、のちに隠棲し、田能村直入(たのむらちょくにゅう)・谷口藹山(たにぐちあいざん)らとともに、日本南画協会を発足させました。1917年(大正6年)に帝室技芸員に任命。
富岡鉄斎の作風は、年とともに大きく変化しています。非常に多作な作家で生涯に約2万枚の絵(商品を含む)を残したといわれていますが、28歳以前の作品はほとんど見つかっていません。30~40代には文人画を多く描き、早い筆づかいと軽妙な色彩が特徴です。50代になると線にたくましさが出て重厚な雰囲気になり、60代以降は構図に大胆さが見られます。70代の半ばを過ぎてから作風はどんどん洗練されていき、水墨画でも濃厚なおもむきを表現できた稀有な作家です。現在も非常に人気がありますが、多作なだけに真贋の見分けがつきにくく、鑑定が難しい作家でもあります。

フリーダイヤル LINE査定 無料査定・お問合せ
フリーダイヤル LINE査定