梅原龍三郎買取なら東京の福助へ

0120-777-064電話をかける
お問合せ

梅原龍三郎の買取価格

梅原龍三郎の買取相場

こんなお悩みございませんか?

  • 遺品の古い梅原龍三郎を処分したい
  • 所有している梅原龍三郎が幾らくらいで売れるかどうか査定してほしい
  • 亡母が集めていた梅原龍三郎の買取相場が知りたい
  • コレクションしていた梅原龍三郎を、まとめて売りたい

ご安心ください!
梅原龍三郎買取の専門業者
「買取福助」が解決いたします!

「こんな質問や相談をしても大丈夫?」と悩む前に、まずはお電話ください。

0120-777-064電話をかける
お問合せ

梅原龍三郎作品を高く売る方法

梅原龍三郎の作品を売る場合は、洋画の買取相場に精通した買取業者を探し
見積もり額を比較しましょう。

高く売る方法

梅原龍三郎の価値がわかる目利きに鑑定を依頼しましょう。

福助
福助
梅原龍三郎は昭和期を代表する洋画家です。洋画でありながら日本の伝統美を感じさせる独自の世界観がたたえられ、文化勲章を受章した大家。

作品は今も高い人気があり、デッサンやリトグラフでも、買取価格は非常に高額です。富士山や薔薇、紫禁城が描かれた梅原龍三郎の作品を売却するときには、かならず経験豊富な鑑定士に査定を依頼しましょう。

目利きが見れば買取相場に準じた鑑定額が提示され、損をせずに売ることができます。


作者の落款の入った箱など付属品と一緒に査定に出しましょう。

福助
福助
価値の高い絵画・美術品は、作品を収納する箱に作家のサインが入っていることがあります。また鑑定書がついていたり、額の裏に作家の署名があったりします。

高価な絵画の付属品は本物であるという重要な証拠になりますので、査定時には付属品一式を添えてのぞみましょう。

付属品がそろっていれば鑑定額が上がる可能性が高いですし、鑑定士の真贋判定もしやすくなるのです。


評判の良い梅原龍三郎の買取店数社で見積もりをとって査定額を比較することをオススメ

福助
福助
梅原龍三郎の作品を適正な買取価格で売りたいと思うなら、複数の買取業者から見積もりをとり、金額を比較しましょう。美術品の鑑定額は市場での需要と供給、買取店の販売力によって変わります。

高額で売買される梅原龍三郎の作品でも、無料査定で見積もりをもらって比べると金額の違いがはっきりわかるのです。売却前に時間をかけて見積もりをとり、納得できる買取業者を探しましょう。


信頼できる梅原龍三郎の買取業者の選び方

梅原龍三郎の買取を依頼するなら、
査定が無料で、過去の買取実績が多い業者に依頼しましょう。

信頼できる買取業者の選び方

査定は無料のお店を選びましょう

福助
福助
絵画の売却では、自宅に鑑定士を呼ぶ「出張鑑定」を利用することが多いでしょう。小さく見える絵でも、額縁ごと買取店へ運ぼうと思うと大変な労力だからです。

良心的な買取業者は、所定のエリア内なら交通費ももらわずに無料鑑定します。しかし、ごく少数ですが査定後に高額な「出張費」や「鑑定料」を請求する業者もいます。

無料査定をしているかどうかで、安心な買取業者・悪質な業者を見分けることができるでしょう。


梅原龍三郎の買取実績が豊富な業者に依頼しましょう。

福助
福助
日本洋画界の重鎮、梅原龍三郎の作品を売る場合は、買取実績の豊富な業者と相談をしましょう。

これまでに梅原龍三郎の絵を多数買取している業者なら適正な査定額を提示できますし、複数の作品をまとめて売りたいときにも安心です。

実績が多い買取店はホームページで、過去の梅原龍三郎の買取実績や買取価格を公開し、昭和期の洋画に関するコラムを掲載していることもあります。売却前に確認するといいでしょう。



0120-777-064電話をかける
お問合せ

梅原龍三郎について

梅原龍三郎(うめはらりゅうざぶろう)は、大正・昭和期に活躍した洋画家です。

京都の染物問屋の子に生まれ、京都府立二中を退学して伊藤快彦(いとうよしひこ)の画塾・鐘美会で洋画の手ほどきをうけました。ついで浅井忠(あさいちゅう)の聖護院(しょうごいん)洋画研究所(のち関西美術院となる)に学びました。

のちにフランスにわたりパリのアカデミー・ジュリアンでバッセの教室に通ったのち、ルノワールのもとを訪れて以後はルノワールに師事しました。フランス滞在中に代表作の「首飾り」を制作。帰国直前まで精力的に制作に励み、帰国後にフランス滞在中の作品110点などを発表しました。

また二科会の創立にも参加し、新設された巽画会洋画部の審査員もつとめました。1944年(昭和19年)に帝室技芸員に任命され、東京美術学校(東京芸大の前身)の教授になり、文化勲章を受賞。

梅原龍三郎の作風は、豪放磊落なものです。洋画の画法を基本として昭和初期から肉筆浮世絵や琳派(りんぱ)、南画などをとりいれ、油彩に岩絵の具を使用するなど、独自の画風を作り上げました。

晩年はカンヌほか南フランス、イタリアに制作のための旅行をよくして、風景画や裸婦、静物画を描きました。恵まれた資質を開花させた巨匠で、没後も人気がまったく衰えません。

フリーダイヤル LINE査定 無料査定・お問合せ
フリーダイヤル LINE査定 無料相談