歌川広重買取

歌川 広重(うたがわ ひろしげ、寛政9年(1797年) – 安政5年9月6日(1858年10月12日)は、江戸時代末期の浮世絵師。ゴッホやモネなどの画家に影響を与え、世界的に著名な画家です。

「著名な画家」ということで、格式ばった絵を描いていた人だ、と思う人もいるかもしれませんが、意外なことに庶民にも親しみやすい絵をたくさん残しています。

歌川広重の初刷り作品は海外の有名オークション『クリスティーズ』などセールで、一枚1000万円以上の値がつくものもありますが、現存しているほとんどの作品が版木の状態の悪い後刷りのため、5000~30,000円程度が買取価格の目安となります。

歌川広重の買取実績

こんなお悩みございませんか?

  • 遺品の古い歌川広重を処分したい
  • 所有している歌川広重が幾らくらいで売れるかどうか査定してほしい
  • 亡母が集めていた歌川広重の買取相場が知りたい
  • コレクションしていた歌川広重を、まとめて売りたい

ご安心ください!
歌川広重買取の専門業者
「買取福助」が解決いたします!

「こんな質問や相談をしても大丈夫?」と悩む前に、まずはお電話ください。

0120-777-064電話をかける
お問合せ

歌川広重を高く売る方法

人気の歌川広重作品を売る時は、浮世絵の価値が分かり
高価買取が可能な買取業者に査定を依頼しましょう。

高く売る方法

歌川広重の価値がわかる目利きに鑑定を依頼しましょう。

福助
福助
歌川広重は、江戸時代の浮世絵師です。ほっそりした顔立ちの美人画で有名になり、江戸や日本全国の名所絵で広く知られるようになりました。

江戸の風景を叙情豊かに描いた「名所江戸百景」や東海道の旅を題材にした「東海道五拾三次」は今もアートポスターで見かけます。

美人画・役者絵・風景画のいずれも高価買取になるアイテム。目利き鑑定士に査定を依頼すれば、驚くような鑑定額が提示されます。現代でも人気の画家なのです。


作者の署名・落款の入った箱など付属品と一緒に査定に出しましょう。

福助
福助
浮世絵や日本画を査定に出すときは箱や鑑定書、保証書などの付属品も重要になります。査定時には浮世絵と関係のありそうなものは、すべて出しましょう。

日本画の場合、箱に作家のサインや落款という印鑑が押してあると買取価格が高くなります。鑑定士が作品の真贋判定をしやすくなるからです。

歌川広重の場合も、購入時の箱や書類がそろっていると偽物かどうかの判断材料になります。付属品が鑑定額を決めることもあるのです。


評判の良い歌川広重の買取店数社で見積もりをとって査定額を比較することをオススメ

福助
福助
国内・国外での評価が高い、歌川広重の浮世絵。売却時には評判のいい買取店から見積もりを取って、買取価格の高い店に売りましょう。

買取業者にはそれぞれ得意な分野、買取に力を入れているジャンルがあります。浮世絵の買取を強化している業者なら高い査定額をつけてでも歌川広重の作品が欲しいもの。

見積もり額を並べるとどの店が高く買い取るか一目瞭然です。見積もりの比較で、損のない売却をしましょう。


信頼できる歌川広重の買取業者の選び方

信頼できる歌川広重の買取業者は、浮世絵の無料鑑定ができて、
広重の浮世絵の買取実績が多い業者です。

信頼できる買取業者の選び方

査定は無料のお店を選びましょう

福助
福助
歌川広重の作品は今も高額で売買されています。査定を受けるときは、無料鑑定・無料査定ができる買取業者を自宅へ呼びましょう。

浮世絵作品は大型で、買取業者の店頭へ運ぶのが大変。できれば自宅で査定してもらうのがベストなのです。

出張買取の場合でも鑑定料不要で、交通費も実費だけでいいという買取業者がいます。査定依頼時に鑑定にかかる費用を確認し、金額がきちんと分かったうえで依頼しましょう。


歌川広重の買取実績が豊富な業者に依頼しましょう。

福助
福助
所有する歌川広重の作品を売却するなら、買取実績が多い業者がいいでしょう。業者の買取実績は、店のホームページでわかります。

歌川広重の木版画を画像付きで多数掲載していたり、日本画や浮世絵のコラムをのせていたりする業者なら安心。浮世絵の買取相場をよく知っているので、査定が正確なのです。

査定依頼の前に買取業者のホームページを見てみましょう。いっしょに業者の評判も確認するとより安心です。



0120-777-064電話をかける
お問合せ

歌川広重について

フリーダイヤル LINE査定 無料査定・お問合せ
フリーダイヤル LINE査定 無料相談