渡辺崋山の買取

渡辺崋山の買取実績

*掲載価格は実際の買取価格を保証するものではありません。
品物の状態や市場相場により価格が変動いたしますので予めご了承ください。

こんなお悩みございませんか?

  • 持っている渡辺崋山の掛軸がいくらで売れるか値段や買取相場を知りたい
  • 渡辺崋山の古い掛け軸を鑑定してほしい
  • 渡辺崋山の掛軸を売りたいが、どこに持ち込んでいいか分からない
  • 渡辺崋山の作品だと聞いたが、よく分からない掛軸を査定してほしい
  • 故人が大切にしていた渡辺崋山の掛軸を処分したい

ご安心ください!
渡辺崋山買取の専門業者
「買取福助」が解決いたします!

思わぬ物がお宝に!思わぬ物がお宝に! あなたのガラクタ、だれかのお宝! あなたのガラクタ、だれかのお宝!

創業67年の信頼と実績
0120-777-064電話をかける
 LINEお問合せメールお問合せ

査定の流れ

3STEPでカンタン!

1

鑑定をする鑑定士

査定

鑑定歴20年以上の経験豊富な鑑定士がお客様のお品物をしっかり査定します。

2

お見積もりをご提出する鑑定士

お見積り

『古い品物の価値を知りたい…』こんな場合も、お見積りは無料です。万が一、査定価格にご満足いただけない場合でも、キャンセル自由です。

3

買取成立・お支払い

買取成立・お支払い

査定価格に同意いただければ、買取申込書に必要事項を記入いただき、即現金にてお支払いいたします。


創業67年の信頼と実績
0120-777-064電話をかける
 LINEお問合せメールお問合せ

渡辺崋山について

幼い頃から絵の才能で家計を助けた苦労人画家

渡辺崋山(わたなべ かざん 1793-1841年)は江戸時代後期の武士、画家です。号を崋山と改めたのは35歳頃で、それ以前は華山と称していました。ほかにも全楽堂、寓画堂といった号を作品に用いていたことがあります。崋山は、江戸詰の田原藩士を父にもち、江戸麹町(東京都千代田区)で生まれました。田原藩の財政難と父の病から、弟妹は次々に奉公に出され、食べるものにも事欠くような少年時代を送っていたと記録されています。もともと得意としていた絵を学び、描き出したのも家計を助けるためでした。8歳の頃から藩士として取り立てられ、20代半ばで画家としても名声を得ていた崋山ですが、藩主の早逝、異母弟を次期藩主とさせる擁立運動の失敗などその人生は順風満帆とはいえませんでした。蘭学を学び、稲作の改良などをおこなって藩の財政を立て直しますが、幕府の鎖国政策に異を唱えたために危険人物と見なされて蟄居(謹慎)を命じられ、藩に迷惑がかかるのを恐れて切腹しました。これは幕府による言論弾圧、いわゆる蛮社の獄として知られる出来事です。
生活のために技術をみがいた絵画は、洋画の影響を思わせる写実的で陰影を巧みにつけた作風が特徴です。当時から肖像画家として人気が高く「鷹見泉石像」は国宝に、「佐藤一斎像」は重要文化財にそれぞれ指定されています。また、文人としても評価が高く「全楽堂日録」、「日光紀行」は随筆紀行文として当時の風俗を知ることができる貴重な資料となっています。

フリーダイヤル LINE査定 無料査定・お問合せ
フリーダイヤル LINE査定