福島武山の買取なら東京の福助へ

福島武山 買取

福島武山の買取なら、東京の買取福助にご依頼ください。

査定無料査定無料
0120-777-064

お問合せ

福島武山作品の買取価格相場

品名 買取価格相場
福島武山作 赤絵仙人文香炉 50,000円
福島武山作 赤絵小紋手徳利 45,000円

福島武山作品の買取事例

福島武山作 赤絵仙人文香炉

福島武山作 赤絵仙人文香炉

買取価格 50,000

福島武山作 赤絵小紋手徳利

福島武山作 赤絵小紋手徳利

買取価格 45,000
査定無料査定無料
0120-777-064

お問合せ

福島武山買取でよくある質問

福島武山買取でお客さまからよくお問い合わせいただく質問と、
その回答を紹介しています。

陶磁器の買取品目一覧


査定無料査定無料
0120-777-064

お問合せ

福島武山氏について

福島武山(ふくしま ぶざん 1944年- )は、繊細な赤絵を施すことでよく知られる陶芸家です。

武山は、石川県立工業学校デザイン学科を卒業してから美術の仕事を志しましたが、結婚後に絵付け職人をしていた義母の影響で絵付けの道に入りました。

赤絵細描は、九谷焼の代名詞的な存在であり、九谷焼の上絵技法の中でも特に細かい作業を必要とする技法とされています。

鉄分を含む赤い顔料「ベンガラ」を使って精緻な文様を描き、金襴をほどこして華やかに仕上げるのが特徴です。

武山は絵付けを進めるごとに何度も窯に入れて焼成し、しっかりと絵を定着させる方法を用いて細かな文様をあらわしています。

1982年に全国伝統的工芸品展で奨励賞を受賞し、以降は創造美術展で朝日新聞新聞社特別賞ならびに北華賞、九谷焼産業デザインコンクールで名古屋通商産業局長賞、ならびに石川県知事賞を受賞するなど、国内での地位を確固たるものにしました。

また、フランスのエルメス社において時計の文字盤デザインを手がけ、国外でもその伝統の技を発揮しています。

主な陶磁器作品に、「花舞陶筥」、「九谷赤絵綱手鉢」などがあります。

柔和な笑みをたたえた人物や、線の乱れや色ムラが一切見られない美しい文様は、現代九谷焼の芸術品として高く評価されています。

なお後進の指導は、「食べていける職人」を育てることをモットーとし、技術だけでなく陶磁器に関する経済観念や、技術とニーズの接点などについても指導をしています。

フリーダイヤル LINE査定 無料相談