クリストフル買取

クリストフル

クリストフル買取なら、買取福助にお任せください。

フォークやスプーンなどのシルバーカトラリーなど鑑定歴20年以上、クリストフルの相場を熟知した鑑定士が無料で査定いたします。

東京都内(大田区・品川区・港区・目黒区・渋谷区・世田谷区)限定!無料出張にも対応しております。

クリストフル・カトラリーの買取相場

クリストフル アルビ30本セット

買取価格 1,000~200,000
0120-777-064電話をかける
お問合せ

クリストフルを高く売る方法

クリストフルの高値買取には、
作品の価値がわかる鑑定士に査定依頼し、複数の見積もりを比較することです。

高く売る方法

クリストフルの価値がわかる目利きに鑑定を依頼しましょう。

福助
福助
クリストフルはフランスの老舗カトラリーブランド。優雅な装飾のシルバースプーン、フォークなどは高価買取され、銀の純度が高いスターリングシルバーのカトラリーは特に人気です。

買取相場はどのアイテムも高額ですから、売却に当たっては経験豊富な鑑定士・買取業者に、出張買取を依頼しましょう。

目利き鑑定士は保証書・鑑定書のないクリストフル作品でも真贋判定し、納得の買取価格を提示できます。


クリストフルのオリジナル箱など付属品と一緒に査定に出しましょう。

福助
福助
クリストフルの高価買取をねらうなら、売却時にオリジナル箱・鑑定書・保証書とセットで無料査定に出しましょう。

人気のマルリーシリーズなどは買取相場も高く、箱があって真贋がわかれば買取価格はさらにアップします。引越し時などに、箱や書類は絶対に捨てないことです。

ただしクリストフル作品は偽物も多い骨董品。目利き鑑定士に付属品ごと見積りを依頼し、価値に見合った鑑定額を出してもらうのが大切です。


評判の良いクリストフルの買取店数社で見積もりをとって査定額を比較することをオススメ

福助
福助
クリストフルの売却では複数の買取店から無料査定で見積もりを取って、買取価格の高いところを探しましょう。

クリストフルのシルバーカトラリーは高価買取の品ですが、買取業者によっては真贋の見分け方に自信がなく、低い鑑定額の業者もあります。

目利き鑑定士は買取相場を知り尽くしているので、作品の価値に見合った高額査定が可能です。高価なマルメゾンシリーズなどは、見積り比較をしてから売りましょう。


信頼できるクリストフルの買取業者の選び方

クリストフルの買取業者を選ぶときには、
無料査定ができ買取実績が豊富な店を探すことです。

信頼できる買取業者の選び方

査定は無料のお店を選びましょう

福助
福助
クリストフルのような高価な骨董品でも、ほとんどの買取店は無料査定ができます。

アンティークのシルバースプーンは価値の高いものですが、目利き鑑定士が無料で見積もりしますので、売却したいものはまとめて出張買取を依頼しましょう。
最新の買取価格を教えてもらえます。

ただし買取業者によっては鑑定料が必要なこともあり、後から請求されないように依頼時に確認することが大事です。


クリストフルの買取実績が豊富な業者に依頼しましょう。

福助
福助
クリストフルの売却では、実績が高い買取業者を探すのが高価買取のコツ。店のホームページに実績が多数掲載されている業者がおすすめです。

実績の多い買取店はマルリーやマルメゾンなど買取相場の高い人気シリーズの真贋が見分けられます。適正な鑑定額を出して高額見積もりをするから、多数の買取が可能なのです。

価値の高いシルバーカトラリーは、実績豊富な目利き鑑定士にまかせましょう。


クリストフル買取でよくある質問

クリストフル買取でお客さまからよくお問い合わせいただく質問と、
その回答を紹介しています。


0120-777-064電話をかける
お問合せ

ブランド食器の買取品目

クリストフルについて

クリストフル(Christofle)は、フランスのパリで1830年に創業したシルバーウェアのブランドです。
創業者のシャルル・クリストフルは15歳で義兄の運営する宝石商に入り、仕事を始めます。やがて宝石ビジネスを引き継ぎ、フランスで最も有力な宝石商と呼ばれるまでとなり、宝石や銀細工を製造する会社を所有するまでに事業は拡大しました。

クリストフルが銀メッキ製品の製造を始めたのは1842年ごろからです。
イギリス商人から電気メッキ技術の特許を買い取ったことがきっかけで、真鍮の表面に金や銀のコーティングをほどこした製品を作り始めます。

銀メッキされた皿やカトラリーは見た目は純銀製とほぼ同じですが、本体は真鍮製で純銀の含有量は多くありません。そのため廉価に製造・販売できるのが大きなメリットです。クリストフルシルバーと呼ばれる銀メッキ製品はたちまち人気となりました。

クリストフルは1845年にシルバーコーティング製品の登録商標をおこない、フランス王のルイ・フィリップからも注文を受けて、王室御用達のブランドに成長。
現在でも世界各国の大使館や一流ホテルのほか、マキシムドパリやロブション、トゥールダルジャンなどの一流レストランでもクリストフルの製品が使われています。

日本でよく見かけるクリストフルの製品はスプーンやフォーク、ナイフと言ったカトラリーが中心です。しかし実は多くのシリーズやアイテムがあり、銀メッキされたポットやトレイ、皿、キャンドルスタンドなどがそろっています。
気に入ったデザインを探しながら、ひとつずつ手持ちのアイテムをふやしていくという楽しみ方ができるブランドです。

フリーダイヤル LINE査定 無料査定・お問合せ
フリーダイヤル LINE査定 無料相談