福島武山の買取なら東京の福助へ

福島武山作 九谷焼赤絵香炉

福島武山の買取なら、東京の買取福助にご依頼ください。

福島武山作品の買取価格相場

品名買取価格
福島武山作 赤絵仙人文香炉福島武山作 赤絵仙人文香炉50,000円
福島武山作 赤絵小紋手徳利福島武山作 赤絵小紋手徳利45,000円

福島武山作品の買取事例

福島武山作 赤絵仙人文香炉

福島武山作 赤絵仙人文香炉

買取価格50,000
福島武山(ふくしまぶざん)は九谷焼の陶芸家です。九谷焼の中でも特に赤絵線描(あかえせんびょう)という技法一筋で制作に取り組んできました。
九谷焼の赤絵に使う絵の具は、ベンガラと呼ばれる顔料です。鉄分を含むもので、この顔料を丁寧にすりつぶし、滑らかになるまで準備をしてから素地に描いていきます。

赤絵の技法では精緻な文様を極細の筆で手描きし、モチーフに華やかさを添えていきます。今回のお品物は亀と波を中央に描き、四方に紗綾形(さやがた)という文様と花を加えて構成したものです。

深い赤の発色と縁取りに使用した金色が見事な調和を見せており、香炉の蓋部分にも赤絵線描をほどこして豪華絢爛な香炉になりました。

福島武山作 赤絵小紋手徳利

福島武山作 赤絵小紋手徳利

買取価格45,000
福島武山作 九谷焼赤絵小紋手徳利をお買取りしました。

絵柄は小紋や花鳥風月、風景、人物などで、赤一色ではなく、ところどころに金色を入れてさらに豪華なものに仕上げます。
福島武山の場合、ほとんどの作品が赤のみが使用され、線の強弱や太さ、濃淡までが均一に描かれています。
極細の線と言いますが、筆を使って0.1ミリ以下の線を描くのはまさに職人技。芸術の域に達しています。

今回のお品物は、赤絵で小紋の柄を描いた手徳利です。
小紋というのは、とても細かい柄が続く着物や反物をいいます。細かい文様が続く部分と華麗な花が描かれている部分、そして間に差してある金襴のバランスが見事です。

九谷焼の赤絵線描らしい華やかさと落ち着きを併せもった作品で、福島豊山のファンならずとも手元に置きたい逸品です。

3つの買取方法が選べます。

  • 出張買取
  • 店頭買取
  • 宅配買取
店舗のご案内

福島武山氏について

福島武山(ふくしま ぶざん 1944年- )は、繊細な赤絵を施すことでよく知られる陶芸家です。

武山は、石川県立工業学校デザイン学科を卒業してから美術の仕事を志しましたが、結婚後に絵付け職人をしていた義母の影響で絵付けの道に入りました。

赤絵細描は、九谷焼の代名詞的な存在であり、九谷焼の上絵技法の中でも特に細かい作業を必要とする技法とされています。鉄分を含む赤い顔料「ベンガラ」を使って精緻な文様を描き、金襴をほどこして華やかに仕上げるのが特徴です。

武山は絵付けを進めるごとに何度も窯に入れて焼成し、しっかりと絵を定着させる方法を用いて細かな文様をあらわしています。

1982年に全国伝統的工芸品展で奨励賞を受賞し、以降は創造美術展で朝日新聞新聞社特別賞ならびに北華賞、九谷焼産業デザインコンクールで名古屋通商産業局長賞、ならびに石川県知事賞を受賞するなど、国内での地位を確固たるものにしました。

また、フランスのエルメス社において時計の文字盤デザインを手がけ、国外でもその伝統の技を発揮しています。
主な陶磁器作品に、「花舞陶筥」、「九谷赤絵綱手鉢」などがあります。

柔和な笑みをたたえた人物や、線の乱れや色ムラが一切見られない美しい文様は、現代九谷焼の芸術品として高く評価されています。

なお後進の指導は、「食べていける職人」を育てることをモットーとし、技術だけでなく陶磁器に関する経済観念や、技術とニーズの接点などについても指導をしています。

高価買取中の九谷焼有名作家

九谷焼買取 TOP へ戻る

フリーダイヤル LINE査定 無料相談