漆器・蒔絵買取 | 東京で骨董品の買取なら創業62年の福助

漆器・蒔絵買取

買取対象の漆器の産地

漆塗り重箱漆器は全国の様々な場所で生産されています。代表的な産地の特徴や、その他でも生産される漆器の一部をご紹介します。

輪島塗

石川県の輪島市で生産される漆器。品質と完成度の高さから、日本を代表する漆器とも言われています。厚手の木地に生漆と米糊を使い布を貼付けた後に、輪島でしか採れない「地の粉」と呼ばれる土を使った粉で作った焼成珪藻土を混ぜた下地を何層にも塗ります。層が重なることで耐久性が増し、丈夫さを追求しています。

会津漆器

福島県の会津地方で生産される伝統工芸品。蒔絵、螺鈿、漆絵など様々な技法がありバリエーションが豊富に揃います。塗面が丈夫で水が染みにくく、熱いお湯にも強い耐久性があります。お椀、杯、茶托にはカツラ、トチ、ケヤキ、クワの木が使われ、重箱、文庫にはホウの木が使われます。

山中塗

石川県加賀市の山中温泉の地区で作られる漆器です。従来の天然木と天然漆の製品に加えて合成樹脂の製品も導入したことで、日本一の生産量があります。

その他の種類の漆器

・飛騨春慶、琉球漆器)、浄法寺塗、鎌倉彫、村上堆朱彫など

漆器の技法

蒔絵(まきえ)

金や銀などの金属粉を、漆で描いた絵や文様が乾かないうちに「蒔く」ことで定着させる漆器の代表的な技法。華やかな印象があり、高い人気を誇ります。

螺鈿(らでん)

貝殻の真珠層を切り出した板状の素材を、彫刻された漆器に嵌め込む技法。立体的な美しさがあります。

彫漆(ちょうしつ)

重ねた漆で層を作りレリーフ状にして文様を表す技法。奥行のある立体感が特徴的です。

蒟醤(きんま)

重ね塗りした漆の表面を、特殊な刀で線彫りをした文様に色漆を埋めて乾かした後に磨き上げる技法。繊細でありながらも力強い印象を持ちます。

沈金(ちんきん)

漆の表面に刃物で文様を彫り、その跡に金箔や金粉を塗り込む代表的な技法。輪島塗で多くみられ、漆との金色の文様のコントラストが美しい漆芸です。

拭き漆

木地に透明の漆を塗りこんでいく技法。美しい漆の艶と木目の素朴さを兼ね備えています。

こんな漆器を買取強化中です。

印籠・菓子器・喰籠・硯箱・文箱・香合・重箱・膳・盆・椀・棗など

高額買取につながる漆芸作家

美しい漆器は高額でお買取りをさせていただきますが、著名な作家物の場合はさらに高額でお買取りをさせていただきます。

・松田権六・柴田是真・高野松山・白山松哉・佐治賢使・髙橋節郎・川之辺一朝・赤塚自得
・音丸耕堂・池田泰真・堆朱楊成・六角紫水・山崎覚太郎・前大峰・赤地友哉・磯井如真
・沢田宗沢・増村益城・辻光典・小松芳光・小口正二・田口善国・植松包美・片岡華江
・塩多慶四郎・香川宗右・新村長閑子・寺井直次・難波仁斎・本間蕣華・小川松民
・明石朴景・六角大壤・庄司芳真・番浦省吾・植松抱民・村田吉生・玉楮象谷・三浦明峰
・横山白汀・福沢健一・三田村自芳・吉田源十郎・平石晃祥・中山胡民・吉田醇一郎
・真保由斎・堂本漆軒・藪田信次・大場松魚・角偉三郎・鈴木睦美・井波唯志
・高橋節郎・長井幸夫・一后一兆・渡辺喜三郎・川端近左・太田抱逸・金城一国斎

高価な漆の材質は?

高額でのお買取りの対象となる価値の高い漆器の場合、天然の木と天然の漆が使われています。これらの条件を満たす際は高額買取ですが、プラスチック製や木質といった場合は買取対象外となります。

漆器は世界で「Japan」の名で知られています。

漆塗りお椀英語で磁器を「Chine」と呼ぶのに対して、漆器は「Japan」と呼ばれています。ことからもわかるように欧米で漆器は「日本の伝統や職人技が光る特産品」として認識されています。

昨今増加している外国人旅行者にも、日本の食文化等を通じて、漆の魅力に感銘を受ける人がとても増えていると言われています。東京オリンピックに向けてますます日本文化は活性化すると考えられるため、それに比例して漆器のニーズも増えると予想されています。

漆器の買取をご利用頂いたお客様の声

輪島塗の買取

引っ越しをするので部屋や物置などを整理していました。祝いごとなどで頂いた輪島塗の重箱や会津漆(漆器)のお盆、菓子器、屠蘇器などが出てきました。引っ越し先に、たくさん持って行くことができないため、必要なものだけ残し、あとはどうするか悩んでいたところ‥。

夫が、もしかしたら漆器・蒔絵の品物の中に価値があるものがあるかもしれないので、プロに頼んでみたらということで、今回お願いしました。さすがプロは違いました。何の価値がないと思っていた品物に値段がついたり、輪島塗の屠蘇器が高額になったりと、本当に驚くことばかりでした。丁寧に鑑定・査定して頂き、とっても満足です。我が家の臨時収入となりました。【70代女性】

捨てずによかった蒔絵の品物

この前、台所を掃除したときに、蒔絵の書類箱、夫婦椀、丸盆、ワイングラス、カップ、三段重などが出てきました。このまま保管しておくのは、もったいない気がして買取を考えたのですが、価値がわからないので、買取してくれるかどうかも不安でした。

今回、自宅に無料で出張買取に来て頂けました。わかりやすい説明と丁寧な対応で、査定額にも納得できました。あの時、ゴミとして捨てなくて本当に良かったです。【40代女性】

« 1 2

2 / 2 ページ

任せて安心昭和30年創業『買取福助』
  • LINEで査定
  • お問い合わせ・無料買取相談
  • 0120-777-064

店舗情報

フリーダイヤル:0120-777-064
営業時間:11時~18時
定休日:日曜・水曜
 
買取福助 銀座店
買取福助 銀座店
〒104-0061
東京都中央区銀座2丁目4-1 銀楽ビル5階
電話:03-6263-0789
 
買取福助 大岡山店
買取福助大岡山店
〒145-0062
東京都大田区北千束3丁目26-14
電話:03-6425-9735

Scroll Up