大国寿郎の鉄瓶買取

大国寿郎の買取相場

品名 買取相場
大国寿郎 紫斑銅蓋 金象嵌賢人彫刻鉄瓶 775,000円
大国寿郎 銅蓋古鏡蓋鉄瓶 共箱 392,000円
大国寿郎 銅蓋山水紋鉄瓶 150,000円
大国寿郎 盛上鳥人物風景図繰口形鉄瓶 115,000円
大国寿郎 玉鐶摘斑紫銅蓋 香炉形鉄瓶 100,000円
大国寿郎 黒烏模様 鉄瓶 共箱 90,000円
大国寿郎 唐物宝物図 鉄瓶 84,000円
大国寿郎 六面漢詩刻鉄瓶 77,000円

大国寿郎の鉄瓶買取価格

*掲載価格は実際の買取価格を保証するものではありません。
品物の状態や市場相場により価格が変動いたしますので予めご了承ください。

こんなお悩みございませんか?

  • 大国寿郎の鉄瓶の買取相場を知りたい
  • 大国寿郎の作品だと思われる鉄瓶を査定してほしい
  • 大国寿郎の銘が入った古い鉄瓶が本物かどうか鑑定してほしい
  • コレクションしていた象嵌入りの大国寿郎鉄瓶を、まとめて売りたい

ご安心ください!
大国寿郎作品買取の専門業者
「買取福助」が解決いたします!

思わぬ物がお宝に!思わぬ物がお宝に! あなたのガラクタ、だれかのお宝! あなたのガラクタ、だれかのお宝!

創業67年の信頼と実績
0120-777-064電話をかける
 LINEお問合せメールお問合せ

大国寿郎の鉄瓶を高く売る方法|買取のポイントは?

大国寿郎の鉄瓶売薬では、
骨董品、古美術品、茶道具についてよく知る目利き鑑定士に鑑定を依頼しましょう。

  • 大国寿郎の価値がわかる目利きに鑑定を依頼しましょう。

    価値がわかる目利きに鑑定を依頼

    大国家は大阪で代々続く金工家です。大国寿郎は3代目に当たり、初代の作品は海外でも高く評価されていますし、寿郎の父である2代目の茶の湯釜、鉄瓶ともに高価買取されています。

    とくに鉄瓶では、漢詩が胴や肩に刻まれているもの、花鳥風月柄の作品が高額査定されやすいものです。

    鉄瓶本体や蓋に「大國之造」や「寿朗」の銘が入ったものは、本物である確率が高い貴重品。売却をお考えなら鉄瓶や骨董品に造詣の深い鑑定士に査定を依頼しましょう。

  • 作者の署名、花押の入った箱など付属品と一緒に査定に出しましょう。

    箱や鑑定書など付属品と一緒に査定

    明治、大正時代の古い鉄瓶には、作者の署名が入った箱におさめられているものがあります。署名、捺印、花押入りの箱は「共箱」と呼ばれ、作品の出所を証明するものの一つです。

    鑑定書や保証書と同じくらいに査定額に影響するものですから、大切に保管しましょう。目利き鑑定士は箱や書類といった付属品なしでも正確な査定をしますが、そろっていれば鑑定額アップも期待できます。

    古い書類や箱は作品と関係があるかどうか不明でも安易に処分せず、無料鑑定が終わるまで保管しておきましょう。

  • 評判の良い大国寿郎の買取店数社で見積もりをとって査定額を比較しましょう

    相見積もりを取って査定額を比較

    大国寿郎の鉄瓶、とくに花鳥柄、漢詩文様の作品は非常に高額で売買されています。手放そうと思うときは、複数の買取店から見積もりを取って、提示された買取価格を比較しましょう。

    大国寿郎は人気の高い金工作家ですが、作品の鑑定額は買取業者によってまちまちですし、同じ業者であってもタイミングによって金額が変わります。

    実際に売却しようと思うタイミングで複数の買取店に見積もりを依頼して、最新の買取価格を出してもらうことが重要なのです。

大国寿郎の買取業者の選び方

大国寿郎の鉄瓶を売るときは、
これまでに古い時代の鉄瓶をたくさん買取している業者を選びましょう。

  • 査定は無料のお店を選びましょう

    査定は無料のお店を選びましょう

    古い鉄瓶は美術品として、国内外の人気が高い品物です。売却前には無料査定を実施している買取店に相談し、鑑定してもらいましょう。

    複数の鉄瓶や大国寿郎以外の鉄瓶も一緒に査定してもらいたいときは、鑑定士を自宅に呼ぶ方法を取りませんか。

    「出張査定」なら重い鉄瓶を買取店の店頭まで運ぶ必要もなく、古すぎて赤さびが出ている鉄瓶も気軽に査定を頼めます。自宅で査定、そのまま買取までできるので、手間もかからずとても便利です。

  • 大国寿郎の買取実績が豊富な業者に依頼しましょう。

    買取実績が豊富な業者に依頼

    これまで古美術品を売却したことがなく、買取店に知り合いがないという場合は、買取実績が多い業者を探しましょう。鉄瓶や茶の湯釜を多数買取している業者なら目利き鑑定士が在籍していますし、査定額も適切です。

    買取実績が豊富ということは、これまでに多数の顧客と良好な関係を作っているという証拠。安心して査定を依頼できる買取店なのです。

    業者の買取実績はホームページで見られますから、事前にチェックを。写真付きの場合はお手元の鉄瓶と見比べつつ、実際の買取価格を調べることもできます。

創業67年の信頼と実績
0120-777-064電話をかける
 LINEお問合せメールお問合せ

大国寿郎について

大国寿郎(おおくに じゅろう 大國寿朗とも)は、大正時代に活躍した金工作家、釜師です。大国家は大阪で代々続く鋳物職人の家柄で、初代は大国藤兵衛(おおくにとうべえ)といいます。藤兵衛は明治40年に日英博覧会で金牌を受賞したこともある有名作家。茶の湯釜、鉄瓶、風炉など茶道具を多く手掛けており、とくに釜と風炉が一緒になった風炉釜を多数残しています。作風は正統派のシンプルな形、鉄味の良さが特徴です。孫にあたる大国寿郎の作品にも高い技術が受け継がれており、大国家の伝統を感じさせます。
初代・大国藤兵衛の息子、大国柏斎(おおくに はくさい)は、明治から大正にかけて茶の湯釜、鉄瓶を作った金工家です。明治42年以降、茶の湯釜の制作を本格的にはじめ、当時の皇太后陛下が青山御所で使用する「御茶席御用釜」の制作を拝命したこともあります。大正14年にはパリ装飾美術博覧会で1等を受賞し、「京の大西、 浪速の大国」と称されるほどの名工でした。なお大国柏斎の作品には、明治22年ごろから「大国造」「大国製」の銘が入っているものが多く、真贋判定の一助になっています。
3代目に当たる大国寿郎は、明治19年に柏斎の長男として生まれました。父に鋳物技術を学んだのち、茶釜、鉄瓶を制作。とくに蝋型鋳造で作られた鉄瓶は、文様として花鳥風月や漢詩を書き込んだものが有名です。それまでにない斬新なデザインが高く評価され、現在も大変高額で売買されています。銘としては「大國」「寿郎」が中心ですが、「春霞堂」の銘が入ったものも現存するようです。