大木平蔵 買取

大木平蔵の買取相場

品名 買取相場
大木平蔵 京都 丸平 特製 大木人形店 寿印 市松人形 315,000円
大木平蔵 大きな五人囃子 210,000円
大木平蔵 京都丸平 源義家公 武者人形 139,000円
大木平蔵 京都丸平 鎌倉権五郎 105,000円
大木平蔵 丸平 明治期 三つ折れ人形 市松人形 84,000円
大木平蔵 木彫 御所人形 寶船引 共箱 64,000円
大木平蔵 明治期 男の子 市松人形36cm 50,000円
大木平蔵 丸平 軍人人形 大将人形 椅子付 45,000円

大木平蔵(丸平)の買取実績

商品名 買取価格

京都丸平(大木平蔵)内裏雛

京都丸平(大木平蔵)内裏雛

20,000円

京都丸平 大木平蔵作 『虎』

京都丸平 大木平蔵作 『虎』

20,000円

京都丸平・大木平蔵作 女の子市松人形

京都丸平・大木平蔵作 女の子市松人形

30,000円

買取価格をもっと見る

*掲載価格は実際の買取価格を保証するものではありません。
品物の状態や市場相場により価格が変動いたしますので予めご了承ください。

こんなお悩みございませんか?

  • 遺品の古い大木平蔵(丸平)を処分したい
  • 所有している大木平蔵(丸平)が幾らくらいで売れるかどうか査定してほしい
  • 亡母が集めていた大木平蔵(丸平)の買取相場が知りたい
  • コレクションしていた大木平蔵(丸平)を、まとめて売りたい

ご安心ください!
大木平蔵(丸平)買取の専門業者
「買取福助」が解決いたします!

思わぬ物がお宝に!思わぬ物がお宝に! あなたのガラクタ、だれかのお宝! あなたのガラクタ、だれかのお宝!
創業67年の信頼と実績
0120-777-064電話をかける
 LINEお問合せメールお問合せ

大木平蔵(丸平)を高く売る方法

大木平蔵(丸平)の人形を高く売りたい時は、
人形や京都の歴史に詳しい買取業者に依頼しましょう。

高く売る方法

大木平蔵(丸平)の価値がわかる目利きに鑑定を依頼しましょう。

福助
福助
大木平蔵とは、江戸時代から続く丸平大木人形店当主の名跡です。

雛人形、武者人形を長年にわたりつくり続け、国内外で高い評価を獲得している大木平蔵の作品を手放す時は、その歴史と価値を正しく鑑定できる専門知識豊富な買取業者に依頼しましょう。


作者の署名の入った箱など付属品と一緒に査定に出しましょう。

福助
福助
大木平蔵(丸平)の人形は、専用の箱(ケース)におさめられ、保証書類が付属していることがあります。

高い人気を誇る大木平蔵(丸平)の人形は、それゆえに巧妙な偽物も出回っており、保証書が真贋を見極める手がかりになることも。

査定を依頼する時には、人形だけでなく箱や書類といった付属品も忘れずにつけて依頼しましょう。


評判の良い大木平蔵(丸平)の買取店数社で見積もりをとって査定額を比較することをオススメ

福助
福助
大木平蔵(丸平)の雛人形や武者人形、市松人形を手放す時には、無料の見積もりを複数取り寄せて買取相場を把握しましょう。

知る人ぞ知る大木平蔵の人形も、買取店によってはそれほど高い査定額がつかないこともあります。相見積もりを取ってもっとも高額で買い取ってくれる買取業者に依頼するのがお得でしょう。


信頼できる大木平蔵(丸平)の買取業者の選び方

大木平蔵(丸平)の人形査定は、無料鑑定をしていて、
買取実績の豊富な業者に依頼しましょう。

信頼できる買取業者の選び方

査定は無料のお店を選びましょう

福助
福助
東京都内を探すと、ほとんど買取店が人形の無料鑑定を実施しているのがお分かりになると思います。

ですが、なかには悪徳業者もおり、押し買いや不当な料金請求が行われたというケースも。

そんな業者に出会わないために、大木平蔵(丸平)の人形鑑定を依頼する時は、鑑定にかかる費用や査定から買取までの流れを、事前に確認しておくことをおすすめします。


大木平蔵(丸平)の買取実績が豊富な業者に依頼しましょう。

福助
福助
大木平蔵(丸平)の雛人形や武者人形を数多く買取している買取業者は、鑑定経験が豊富で査定に必要な知識をそなえていると判断できます。

インターネットで買取実績をリサーチして、大切な大木平蔵(丸平)の人形を任せられる買取店を探してみてください。


創業67年の信頼と実績
0120-777-064電話をかける
 LINEお問合せメールお問合せ

大木平蔵(丸平)について

大木平蔵は、丸平大木人形店の当主が代々受け継いできた名跡です。丸平大木人形店は、京都で江戸時代から続く人形店で、現在は七代目が店を守っています。歴代の大木平蔵(丸平)の手による人形は、ヨドコウ迎賓館、財団法人白鹿記念酒造博物館、三井記念美術館、神戸酒心館などにも展示されています。また、財閥が子孫のためにこぞって買い求めたり、老舗和菓子屋「虎屋」の出産祝いに贈られたりと、一流のエピソードが多くあります。なお、パリ万国博覧会では金賞を受賞し、日本博覧会では国を代表する人形として雛人形を出品し、高い評価を得ました。写真では当時の様子が残っていないため、希少な歴史的資料ともいわれる「明治天皇人形」、「明治皇后人形」、雛人形、武者人形など代表作は多く、歴代の大木平蔵が手がけてきた人形には美術的価値と歴史的価値があります。
京都の人形制作は分業制で、市松人形一体を作るためには頭師が顔を作り、髪付師が髪を結い上げ、手足師が手足を作り、小道具師が烏帽子や檜扇を制作して身につけさせと、数多くの工程が必要です。その総仕上げとして、歴代の大木平蔵はすべての部品を組み上げ、衣装を着せます。これは人形司あるいは着付司と呼ばれる仕事です。分業をひとつの人形に集約させる手腕こそ、歴代の大木平蔵の真骨頂といえるでしょう。