銀瓶の査定相場・買取価格

銀瓶の査定相場・買取価格

銀瓶買取なら、東京の福助にお任せください。
石黒光南、秦蔵六、一鶴斎、 竹影堂など作家・工房製の銀瓶は特に高価査定中。
美しい輝きと、無駄を削ぎ落としたスタイリッシュなフォルムは日本の伝統的な工芸品のひとつとして海外からも注目されており、銀瓶は買取市場でも人気の骨董品です。

銀瓶買取価格

秦蔵六作 獣口饕餮紋銀瓶 買取価格相場 1,200,000

初代秦蔵六(はたぞうろく)は江戸末から明治にかけての鋳金家。
龍文堂で鋳金技法を学んだ後、京都で独立。江戸期には、孝明天皇の御印や徳川慶喜の黄金印や天皇御璽の鋳造などで知られ、明治に入ってからは天皇御璽・大日本国璽(印鑑)の鋳造などを手がけたことで知られています。以後、代々に渡り「蔵六」の名と技法を継承し六代に渡る鋳金の大家です。金属工芸の第一人者として今日まで語り継がれています。
日本における金属工芸の歴史は弥生時代にさかのぼり、奈良時代に入ると仏教の隆盛したこととともに寺院建築が増えたことで金工技術が著しく発達しました。
平安遷都に伴い金工師たちは京都へ移り、数多くの優れた金属工芸品が作られることになりました。京都で作られた金属工芸品は、地肌や造形が非常に美しくそれでいて緻密な装飾が特徴です。
また代表的な技法として鋳金(ちゅうきん)があり、「蝋型(ろうがた)」は、一つの型に対して一つの作品しかできない非常に手間のかかる技法です。そのため精緻な作品を成形作ることができます。
今回お買取りした銀瓶は、非常に丁寧に施された装飾が優雅でありながらも非常に力強い側面がある素晴らしいお品物です。また共箱まできれいに保管されていることから、とても大切にされてきたお品物だったことが伺えます。

【銀瓶】総霰純銀打ち出し湯沸かし 買取価格相場 230,000

純銀製の湯沸しは銀瓶(ぎんびん)とも呼ばれ、主に茶道の世界で親しまれてきました。昔から金属製の茶道具は権力者たちの間で人気が高く一種のステータスシンボルでしたから、ぜいたく品だった銀瓶も丁寧に細工されたものが多く残っています。
今では製法も確立して、前と比べれば比較的安価で手に入りますが、純銀製という素材が高額なこともあり気軽に購入できる価格ではありません。
銀瓶の特徴は無駄のない形状です。高価な素材を使うため余分が出ないような工夫がされ、その結果として完成度の高い形状になりました。

銀は、硫黄などに触れることによってその色が黒く変化します。また、高い温度での加熱にも弱く、真っ黒な色に変化してしまうこともあります。純銀製のものであっても、私たちが「純銀」と聞いてイメージするような「銀色」はすでに失われてしまっていることもあります。
今回買い取らせていただいた「総霰純銀打ち出し湯沸」も、その表面は黒く変色しています。しかし蓋の部分には美しい銀色がしっかり残っています。この銀色と、変化した黒色の部分の対比は、見るものの目をくぎ付けにすることでしょう。
「湯を沸かす」ということが、現在よりもずっと難しかった時代、それにさえこだわりと銀を用いた人たちの理念は、今も、このようなかたちで残っています。

四分一(しぶいち)象嵌入銀瓶(湯沸かし) 買取価格相場 2,000,000

四分一(しぶいち)というのは、象嵌(ぞうがん)の材料である合金の名前です。象嵌は、地の金属に別の金属を埋め込んで、模様をつくる技法です。象嵌に使われる材料には金や銀のほか、四分一(しぶいち)という複数の金属を混ぜ合わせた合金を使うこともあります。
たとえば銀を25%、銅を75%入れた合金を作り、これを地の金属にはめ込んでいきます。すると地金の銀と合金の色の違いで模様ができるのです。
合金の割合を変えることで色に変化がつけられ、複雑な表現も可能になります。茶道の道具でよく使われる朧銀(おぼろぎん)というのは、銀60%・銅40%の割合で明るいグレーです。
銀以外の金属も使われ、金3%に銅97%で作れば赤銅(しゃくどう)という黒っぽい色になります。このように配合する金属の量を増やしたり減らしたりしていくつもの種類の四分一を作るのです。
今回のお品物は、地金が純銀でそこに四分一を象嵌して抽象的な波の模様をつけた湯沸かしです。
湯沸かしは煎茶でつかう道具のひとつで、銀瓶の代わりに使用することもあります。純銀の地金に黒っぽい四分一が入ることで、金属の肌あいの違いがくっきりとあらわれて、みごとな景色です。

【銀瓶】三越製・義勝造 純銀菊花摘蓋 366g 買取価格相場 75,000

銀瓶(ぎんびん)とは、銀でできた湯沸かし、やかんです。銀が素材のために「銀瓶」とよび、鉄でできていれば「鉄瓶(てつびん)」となり、珍しいものですが金でできていれば「金瓶(きんびん)」となります。
茶道における茶箱の点前やお盆点、花月のお点前などに使われる茶道具のひとつです。もちろん、日常生活で使用することもできます。
銀製の湯沸かしは、伝統的な金工技術のうちでも高度なテクニックを使って作り上げられます。
一枚の銀の厚板を金づちなどを用いてたたき伸ばし、微妙な角度をつけて、少しずつ銀瓶の形を作り上げてゆきます。
叩いていく工程の中で、部分的に銀を厚く残すところと薄くするところを使い分け、見た目の美しさはもちろん、使いやすさや持った時のバランスをよくするために重心を調整するなどがされています。
たとえば銀瓶の底は五徳が当たるところですから、他の部分よりもしっかり厚みを残しておく、などの工夫があるのです。
銀瓶は素材が銀ですから、どうしても黒ずんでくることがあります。
これは銀の表面についた水分が大気中の物質に反応して黒っぽくなってくるのですが、銀瓶の黒ずみは「いぶし銀」ということで、むしろ好まれることもあります。
銀を使ったお品物では、経年による色の変化も味のうちです。
とはいえ、きれいに使用したいとお思いの方は、使用後のお手入れをしっかりしていただくといいでしょう。
お手入れ方法は、ご使用後にぬるま湯で銀瓶を洗い、油や指紋、手の脂などを良くふき取っておくことです。そして長期間使わないとわかっている場合は、桐箱などに入れて保管しましょう。
今回のお品物は、純銀製の銀瓶です。
全体のフォルムが非常に優雅で安定感があり、造形が美しいお品物。しかも蓋のつまみ部分が菊花になっており、シンプルな形に愛らしさを添えています。

銀瓶の査定・買取実績


  • 銀製饕餮紋銀瓶(湯沸かし)
    買取価格
    70,000円

  • 純銀打ち出し銀瓶
    買取価格
    170,000円

  • 伊藤延年造/翡翠三連環叩横筋紋銀瓶
    買取価格
    450,000円

  • 打出し槌目文銀瓶
    買取価格
    250,000円

その他の銀製品の査定・買取相場

銀製品の査定相場・買取価格ページ

買取福助が選ばれる
6つのポイント

高価買取!
高価買取!
国内大手オークション会社顧問、美術品買取専門店だから出来る高価買取!
目利きの鑑定士が在籍!
目利きの鑑定士が在籍!
骨董の本場、京都新門前通りの有名古美術店で修行した鑑定歴20年以上の鑑定士が、銀瓶を誠実に鑑定いたします。
買取業者として64年の実績!
買取業者として64年の実績!
昭和30年創業。祖父の代から3代に渡って積み重ねた64年続く信頼の実績で確かな買取を行います。
東京都内無料出張!
東京都内無料出張!
東京都内(港区・目黒区・大田区・品川区・世田谷区・渋谷区)は無料出張いたします。
便利な駅チカ 1階路面店舗!
便利な駅チカ 1階路面店舗!
東急目黒線・大井町線大岡山駅徒歩1分。駅チカ、路面店舗でアクセス至便!
査定無料・即日現金買取
現金買取
銀瓶の査定・見積もりは無料!高額商品でも、買取価格にご満足いただけましたら、その場で現金買取いたします。

買取福助ならご要望に応じて
3つの買取方法が選べます。

出張買取対応地域

  • 港区
  • 目黒区
  • 品川区
  • 大田区
  • 世田谷区
  • 渋谷区

出張買取対応地域を東京都内の店舗近郊に限定することで経費を抑え、買取価格に還元しています。

銀瓶買取について

銀瓶は、純銀製の湯沸かしのことです。伝統的な金工技術を用いて作られており、茶の湯においては権力者が特に好んで使用してきました。
現在では加工技術の発達などによって多様な銀瓶が作られるようになり、さまざまなシーンで使われ始めています。
銀瓶は、一枚の純銀板あるいは銀の塊を叩いたり伸ばしたりして成形されています。熟練の職人が製作する銀瓶は、火が直接かかる底部が厚く、それ以外の部分は薄くなっています。これは、手で持った時に重心がもっとも良い位置にくるよう、計算されているためです。
現在、銀瓶にはさまざまなデザインが見受けられますが、もっとも高価なものは霰(あられ)と呼ばれる突起がついた銀瓶です。
鉄瓶にも同様のデザインがあるため、鉄瓶をイメージすると分かりやすいかもしれません。同じ霰でも、突起の先が丸いものより円錐形に尖っているデザインの方が、高価な傾向にあります。丸い突起は機械による成形で作られたもので、円錐形の霰は一つ一つ手作業で作ったものです。
霰一つを形作るだけでも、金属を何度も押し当てて打っていく必要があり、職人の手業がしのばれます。ちなみに、銀瓶が機械成形か手作業か鑑定するポイントとして、手作業で作られた銀瓶は銅の中心へ近くほど霰が大きくなるという点が挙げられます。立派な霰のついた最高級の銀瓶は買取価格も高額になります。
また、査定に関して銀瓶の黒ずみは大きなマイナスにはなりません。
なので、無理やり磨いてキズをつけてしまうよりは、そのまま出張買取や鑑定を依頼した方が安全といえるでしょう。
銀は金属の中ではやわらかい方で、普段の手入れにおいてもスポンジを使うことは避けた方が無難です。洗剤なども銀瓶の手入れには不要。ぬるま湯で数回すすいだり、お湯を沸かして内部を煮沸消毒するだけで充分です。
銀瓶を使う上でもっとも気をつけなくてはいけないこと、それは空焚きです。銀瓶を空焚きすると、銀が溶けて品物を損なうばかりでなくたいへんな事態に発展しかねません。危険なので、くれぐれもうっかりと空焚きをしないよう、気をつけてください。
また、金属が熱されて非常に高温になるため、湯を注ぐ時にも注意が必要です。ちなみに、銀瓶だけでなく銀食器や銀のカトラリーにも共通することですが、日常的に使っていればあまり黒くなりません。むしろ、次第に黒ずんでいく様子をいわゆるいぶし銀として味わい、そして楽しむという見方もあります。
どうしても気になる場合は、銀磨き専用あるいは銀食器専用のクリーナーなどを使ってきれいにする方法も検討してみてはいかがでしょうか。歯磨き粉などで磨く方法は、細かいキズが多数つくリスクもあるため、あまりオススメできません。また、いぶし銀が意匠の一部として使われている場合は、磨くことでデザインを損なう可能性がありますので避けた方がベターです。
なお銀瓶の買取査定自体は、黒ずんだ状態、箱なしや来歴の不明なものでも可能です。伝統的な工芸品であること、保存状態がよいことなどが高価買取の主な条件になりますので、茶道や銀製品に詳しくないという方はそのままの状態で一度ご相談ください。

LINE査定 無料相談 フリーダイヤル
Scroll Up