買取対象の貴金属

金買取・プラチナ買取価格日本一に挑戦!

買取対象の貴金属

  • 純金インゴット
  • 純金インゴット

  • 金貨
  • 金貨

  • 純金の仏像
  • 純金の仏像

  • 金杯
  • 金杯

  • 金の急須
  • 金の急須

  • 大判・小判
  • 大判・小判

  • 古銭
  • 古銭

  • 金縁メガネ
  • 金縁メガネ

  • 金のアクセサリー
  • 金のアクセサリー


  • 喜平ネックレス
  • 喜平ネックレス

  • 金歯
  • 金歯

  • 金の時計コマ
  • 金の時計コマ

  • 片方だけのピアス
  • 片方だけのピアス

  • 曲がった指輪
  • 曲がった指輪

  • 石が外れた指輪
  • 石が外れた指輪

  • 切れてしまったネックレス
  • 切れてしまったネックレス

  • プラチナインゴット
  • プラチナインゴット

  • プラチナコイン
  • プラチナコイン

  • 銀瓶
  • 銀瓶

  • 銀杯
  • 銀杯

  • 婚約指輪
  • 婚約指輪

  • プラチナジュエリー
  • プラチナジュエリー

  • 宝石
  • 宝石

  • ダイヤモンド
  • ダイヤモンド

  • 貴金属製品であれば、どんなものでもお気軽にお持ちください。
  • 少量でも壊れていても金買取価格は変わりません。
  • 金かメッキか分からない物でも、無料で鑑定致します。

●インゴットバー

K24インゴット

インゴットバーは金の塊を精錬し、型に流し込み固体化させた金の塊のことで、いわゆる「金の延べ棒」のことです。重さは1kg、500g、100g、50g、20g、10gを基本に、会社によっては300g、200g、1gがあります。

ロンドンのLBMA(ロンドン貴金属市場協会)の厳正な審査をクリアしたブランドは「グッドデリバリーバー」と呼ばれ、日本では、田中貴金属、三菱マテリアル、アサヒプリテック、徳力、石福金属工業、日本マテリアル、日鉱金属などが有名です。これらのグッドデリバリ―バーは、世界中のどこでも国際相場で取引きが可能です。

貴重な資源として価値ある金は、かねてから人々に重宝されてきました。経済の状況が変動する現代のなかでも、金は世界で共通の価値を持つため、災害や年金不安といった様々なことを想定したうえで、個人の資産を守るツールとして近年ますます注目を集めています。
弊社では節税対策として金地金の小分け加工も行っております。

●純金

純金

日本において「純金」とは純度が99.99%以上のものを呼びます。金において最高品位を指し、何も混入物がない状態です。

「K24」や「純金」の刻印が入ります。一般的にはインゴットバー、金貨、金杯などが知られていますが、イベント的に純金製のキャラクター人形や急須といったユニークなアイテムが作られることが多々あります。
一方、非常に柔らかくとても傷つきやすい素材のため、一般的には純金(K24)のみでアクセサリーを作るケースは珍しく、通常は強度を増すために銀や銅が割金として使用されます。

●18金(K18)

18金

金製品の純度を表すにはアルファベットのKを用います。このKは(Karat=カラット=質)からきています。(ちなみに宝石に用いるCarat=カラットは別の単位です。)

一般的に流通する指輪やネックレスといった貴金属のアクセサリーのなかでも、もっとも馴染み深いのが18金(K18)です。理由は、純金(K24=100%)は素材が柔らかいため加工がしにくい、また使用しているうちに傷やへこみができ損傷しやすいためです。

純金(K24)が24/24=100のため、K18の純度は18/24=75の75%になります。金の含有量が75%に対して残りの25%は金と違う金属を合わせて強度をアップさせます。たとえば、銀と銅を同じくらい使用すると、一番馴染みのあるイエローゴールドになり、銅の分量が多いとピンクゴールド、パラジウムを使用することでホワイトゴールドといったそれぞれ異なる色になります。

海外では1000分率で表記をするため、K18=75%、すなわち750/1000ということで750と刻印がされています。ちなみに18Kの刻印は日本以外のアジア各国で作られたジュエリーに多く使われ、通称アトKと呼ばれます。これらの場合は通常のK18に比べて、金の含有量が75%に満たないものが多くみられます。

●14金(K14)

14金

18金(K18)が75%の含有量の場合、14金(K14)の金の含有量は58.5%になります。そのため刻印は「K14」か「585」になります。18金に比べると値段も手頃で購入しやすいうえに、半分以上は金でできているため、金としての美しさや光沢を損なうことはありません。

丈夫で傷がつきにくいことが魅力で、リゾート感が溢れるハワイアンジュエリーでの使用が多くみられます。またK18と同様にパラジウムを割金にした14金ホワイトゴールド(K14WG)も多く存在します。

●ホワイトゴールド

ホワイトゴールド

第一次世界大戦中にロシアからプラチナの輸入が途絶えたことが原因で、もともと金色だった金に加えてヨーロッパでホワイトゴールドが誕生しました。

K18WGの場合、75%の純金にニッケルやパラジウムといった白系(銀系)の金属25%を混ぜることでホワイトゴールドに仕上げます。そのままだとやや黄味おびているため、ロジウムでメッキ加工を施すことでさらに明るさをアップさせます。

メッキといっても地金がホワイトゴールドであることに変わりがないため、あくまで表面の輝きを増すために行う加工です。
使用している際にぶつけたり傷つけてしまうことで加工が剥がれた場合は、再加工することで元通りにすることができます。最近では技術も向上してきたため、以前に比べると表面の耐久性もたいぶ向上しました。

本日の金買取価格はこちら

任せて安心昭和30年創業『買取福助』
  • お問い合わせ・無料買取相談
  • 0120-777-064
東急目黒線・大井町線 大岡山駅徒歩1分
東急目黒線で
お越しの方
  • 大田区田園調布から2駅急行で2分
  • 品川区武蔵小山から3駅急行で3分
  • 蒲田方面多摩川駅から2駅急行で4分
東急大井町線でお越しの方
  • 世田谷区二子玉川から2駅急行で8分
  • 目黒区自由が丘から2駅急行で3分
  • 大森方面大井町駅から2駅急行で6分

買取福助 0120-777-064

〒145-0062 東京都大田区北千束3丁目26-14

  • TEL03-6425-9735
  • FAX03-6800-1615
営業時間
11:00~18:00
合同会社リープオブフェイス【買取福助】 古物営業法許可番号 東京都公安委員会 第302201506079号
LINE査定 無料相談 フリーダイヤル